台湾でウナギを食す!~肥前屋はいつも行列

台湾に行ってまで日本料理はないでしょう・・・と言う方にとっておきの「ウナギ料理店」をご紹介します。

「外国での日本料理がうまいわけはないでしょう」という偏見は見事に裏切られます!そのうなぎ料理の美味いこと!またその値段の安いこと!本当に驚きます。それは・・・・

「肥前屋」という台北市中山北路にあるお店です。「肥前」というのは日本の長崎の旧名。オーナーの出身が長崎なので、「肥前屋」という名を付けたそうです(伝聞です)。こちらのお店では、日本円にして1000円程でうな重が食べられます。

台湾 肥前屋1.jpg

日本人向けの料理屋が多いエリアにあるこの店は、台湾人にも大人気で毎日ものすごい行列です。近くには日本人の働いているビル街に近いので日本人が多いのも当たり前ですが、それにもまして現地の人も良く訪れるので、台湾でも日本料理が受け入れられているのがよくわかります。

台湾 肥前屋 うなぎ.jpg

台湾の炎天下で汗をかきながら並び、やっとの思いで店内に入るとテーブルに通されます。基本相席です。一人で行くときは4名がけテーブルに1名様が4組ということになりますので、そのつもりで行って慣れが必要です。

台湾肥前屋料理2.jpg

うな重が有名ですが刺身や焼肉定食(140元)、牡蠣フライ定食、焼き鮭定食などメニューは豊富で、現地の人にはウナギ以外にも人気があるようです。

台湾 肥前屋うなぎ.jpg

さてここの名物「鰻重」の小は250元、大は480元です。おそらく同じレベルのものを日本で食べれば倍はすると思います。味も、日本の本格的な専門店には遠く及びませんがこの値段で食べられる”うな重”としては、とても美味しいと思いました。

あと、鰻巻き(130元)もおすすめです。しっかり出汁の効いただし巻き卵なので本当に美味しいです。

台湾肥前屋メニュー.jpg
*ウナギ以外の料理も低料金で良心的です

台湾に旅行に行かれたらやはり中華、台湾料理が一番ですが、これらの料理に飽きた時には日本料理も食べてみてください。

台湾以外の外国で、”なんちゃって日本料理” のまずくて高いのを食した経験のある方もいらっしゃるかも知れませんが、ここ台湾は「舌の肥えた」台湾人が多いのでしょう、全く日本と同じ味がします。・・・いやそれ以上のお店も何軒もありました。

台湾街頭風景.jpg

創業30年以上のこのお店は是非おすすめです。今や、台湾の日本料理、あなどれませんよ! *(一元は日本円では約4円)

営業時間:午前11時~14時 17時~21時 (旧正月、月曜休み)MRT中山駅から徒歩約7分

台湾の信号機は面白い!~そして本当に便利

台湾の道路は本当に歩きやすくなりました。と言っても以前に比べてですが・・・・。
以前はバイクと車が道という道に止められて、ひどいところなど歩道にまで乗り上げて止まっていました。

台湾の路地.jpg
*狭い道路が車とバイクの駐車で歩きづらい~!

でも、最近は違法駐車の検挙が厳しくなり、車に関してはだいぶ良くなってきました。
でもバイクと夜になると道端に店を出す移動「屋台」は相変わらず、道路の脇を占拠しています。でもこの風景が「台湾らしい」と言えばそうなのですが、そこで生活している人にとっては迷惑でしかないと思いますが、どうでしょうか。

台湾残り秒数が出る信号.jpg

さて、台湾の信号機がとても進化して、横断可能の青信号の上に残り時間がカウントダウンで表示されます。カウントダウン間隔は早く、1秒です。
そうして、残り時間が少なくなれば、電光表示の人型が早足から最後は走り出すのです。見ていても楽しいものです。



広い道路など60秒以上もあるので、ゆっくり渡れますが、あと20秒くらいだと「これじゃあ無理かな?次の信号まで待とう」と判断がつきます。小さい子供とかお年寄りといっしょの場合は、この時間表示が渡るときの目安になり、本当に便利だと思いました。



何回も台湾を訪れてきましたが、この表示が現れたのはいつの頃からだったのでしょうか?はっきりとは覚えていないのですが、確か2006年ころには見た覚えがありました。でもその頃は大きい道路だけで、今のように、比較的狭い道路にもあった記憶はありません。

台北101を望む.bmp
*遠くに台北101を望む

最近は本当に良くなりました。ほとんどの道路でこの信号機があるので渡るとき慌てなくて済みます。
日本の道路にも台湾のような、カウントダウン信号機をつけてほしいものです。

台湾料理を代表する老舗~欣葉(シンイエ)

台湾の名物料理と言えば「小籠包」ですね。今や多くのガイドブックには「鼎泰豊(ティンタイフォン)」などの小籠包の専門店の特集などが組まれたりします。でもこの小籠包は上海料理の一種なのです。

台湾欣葉.jpg

では本場台湾の料理を食べようと思ったら、是非とも「欣葉(シンイエ)」に行ってみてください。
この店は1977年の創業以来、淡白な味付けで日本人好みの台湾料理が味わえるということで、人気を博しています。

台湾欣葉玄関.jpg

台湾の家庭料理の味を中国料理の一ジャンルまで高めた、と言われる名店です。地元の素材をふんだんに用いて、その持ち味を引き出した上品な味わいには定評があります。今回は「欣葉台菜創始店」(本店)より、いくつか台湾料理をご紹介します。

台湾欣葉かにおこわ.jpg

紅蟳米糕(ワタリガニの台湾風おこわ)
この店で最も人気があるのが、この「ワタリ蟹のおこわ」です。粘り気の強い台湾産の圓糯米(丸いもち米)が使用されており、東南アジアで採れたワタリガニの他、豚肉、蝦、キノコ、油蔥酥、醤油、ゴマ油と一緒に蒸してあります。カニの風味とゴマ油の香ばしさが食欲をそそります。

台湾欣葉ビーフン.jpg

家庭料理の代表格、「ビーフン炒め」は大人気です。米粉(ビーフン)は、お米の代わりの主食として食される家庭料理の一つです。

台湾欣葉ホタテ炒め.jpg

豆豉炒生干貝(ホタテ貝柱の葉ニンニクとトウチ炒め)
コクのある豆豉は、日本人好みの風味をだしてくれます。プリプリのホタテの貝柱とネギを一緒に炒めたこちらの料理は、お酒に合いそうです。

台湾欣葉料理2.jpg

蒜香醃蜆仔(しじみのニンニク醤油漬)とチャーハン、切り干し大根入り玉子焼き。

台湾欣葉豚角煮.jpg

欣葉滷肉(シンイエ名物豚の角煮)
台湾産の豚肉を醤油、ニンニク、ネギと一緒に煮込んで作られた滷肉(豚の角煮)。台湾でお目にかかる滷肉は、八角がしっかり効いているものが多いのですが、こちらは八角など中華系の香料を一切使用していないので、とても食べやすいです。

台湾欣葉料理1.jpg

牡蠣とネギのトーチー炒めです。うまみが凝縮したこぶりの牡蠣とトーチーがよく合います。
手前は滷味肥腸(豚モツの煮込み)です。お酒のおつまみに絶品です。

台湾欣葉紹興酒.jpg

旅行社の団体客も多く来るので、週末は混雑が予想されますし、平日でも地元の接待などのお客が多いので、予約をしたほうがいいと思います。ホームページからもできますが、台湾に到着してすぐに、ホテルの人に予約してもらうのが良いでしょう。

台湾欣葉店面.jpg

台湾に来たら、夜市の屋台も楽しくて美味しいのですが本場の台湾料理を味わうには「欣葉」は外せないでしょう。
一般の家庭料理をアレンジした見事な台湾料理をいただくのも、満足の台湾旅行になることでしょう!


世界最大級のホテル予約サイト~台北のホテルならあらゆるタイプが選べます