台湾アニメ「幸福路上」がアカデミー賞アニメ部門にエントリー!

ソン・シンイン(宋欣穎)監督が手掛けた台湾アニメ「オン ハピネス ロード」(幸福路上)が、来年2月に発表される第91回アカデミー賞長編アニメ部門のエントリー作品に選ばれました。(米映画芸術科学アカデミーが24日、発表。エントリーされたのは計25作品。この中から最大で5作品がノミネート作品に選出される)

台湾アニメ3.jpg

アメリカと日本の独壇場だったアニメの世界にも とうとう台湾製のアニメが登場してきましたね。台湾ファンの私にとってこんなうれしいことはありません。



この作品はこれまでに世界各地の映画祭で高い評価を受け、東京アニメアワードフェスティバル2018でコンペティション長編部門のグランプリを受賞したのをはじめ、今年の台北映画祭グランプリ、ソウル国際マンガ・アニメーション映画祭長編作品グランプリ、ドイツ・シュトゥットガルト国際アニメーション映画祭長編部門(AniMovie)グランプリなど数々の賞を獲得しています。

台湾アニメ2.jpg

私はまだ見ていませんが、台湾の友人によると 「1975年生まれの主人公が36歳になって、かつて思い描いていた理想の大人に本当になれたのだろうかと思い返す姿と、台湾の社会の変化に戸惑う姿が見る者の思いと重なり合って、とても感動した」と言っていました。

台湾アニメ.jpg

2018台北電影獎は、100万元大賞とアニメーション映画賞をダブル受賞したのは『幸福路上(邦題:オン ハピネス ロード)』でしたが、これは2013年に台北電影獎でアニメーション映画賞を受賞した12分の短編を長編化した作品ということです。

大きくなったら有能な人になって社会をよりよくしたい
主人公は小琪という女の子で、6歳の頃に台北の幸福路(実在の通りの名前)に引っ越して幼少期を過ごし、輝かしい未来の姿を思い描きながら学業に励み、アメリカの企業に就職し結婚する。一見順風満帆な人生のようだったが、祖母が亡くなったことをきっかけに幸福路に戻った小琪は、かつて思い描いていた理想の大人に本当になれたのだろうかとふと思い返す。


このヒロインには宋欣穎(ソン・シンイン)監督の実体験も反映されているそうで、監督は「私はこの作品を、幸せを求めるすべての台湾人に捧げたいと思います」と語っています。


*制作秘話が語られています

アカデミー賞にノミネートされると日本でも全国で公開されるかもしれません。それを楽しみに来年の発表を待ちましょう!


予告編で新北市新荘区(以前は台北県新荘市)幸福路のことが語られていましたので、どんなところか調べてみました。新荘市の真ん中を東西を走る短い道路だとわかりました。(だいぶ前に行ったことがありました、下町の小さい工場がたくさんあった場所だったように覚えています。)

芸術の秋!陶磁器の街「鶯歌(インガー)は素敵な街です!

11月、12月の台湾は一年で最もいい季節です。台風も発生がほとんど無く、朝晩は涼しくなり過ごしやすくなっています。日本では寒さも感じる今日この頃ですが、台湾では昼間は暑くても朝と夜はちょっと羽織るものがあれば過ごせるいい季節です。

台湾鶯歌駅.jpg

こんな時、芸術の秋を感じさせる台湾最大の陶磁器の街「鶯歌(インガー)」を訪れてみたらいかがでしょうか。現在、約200軒もの窯元や工房が集まり、尖山埔路老街には100軒以上の陶磁器店が集合していて、良質な茶器や茶碗、花瓶、絵皿など台北より割安で手に入ります。また台湾で唯一の陶芸博物館で台湾の陶芸文化の歴史をめぐるのもこの街の楽しみの一つです。

台湾鶯歌1.jpg

台北から電車で30分のところにある小さな田舎町、鶯歌を支えてきたのは台湾の陶器産業です。お買い得な普段使いの食器から、高価な陶芸品までいろいろ揃う鶯歌陶瓷老街で、のんびりお気に入りの陶器探しをしてみてはいかがですか?

鶯歌老街風景2.jpg

バスやタクシーという手段もありますが、ちょっとしたプチ旅行気分を味わえる鉄道での移動をオススメします。30分電車に揺られ、片道31元でそこそこ快適なプチ旅行ができます。

台北駅からは中壢や桃園へ行く縦貫線(西部幹線)を利用します。乗車券は台鉄「台北」駅地下1階の券売機で手軽に購入できます。乗車券を指定してから最後に現金を投入するシステムです。電車は10分~20分間隔で運行しているので、1本逃しても焦らなくて大丈夫です。

台湾鶯歌 台鉄自動販売機1.jpg
1. 1張(=枚)~ 4張のボタンで購入枚数 を選択します。二人でしたら「2張」です。

台湾鶯歌 台鉄自動販売機2.jpg
2 .自強(=特急)/ 莒光(=快速) / 區間(=普通)から列車の種類を選択します。 ※區間は日本のJR通勤列車のようで、トイレも付いているので安心です。なお、自強/ 莒光は停まらないのでご注意下さい。

台湾鶯歌 台鉄自動販売機3.jpg
3. 全票(=大人) / 孩童(=子供) / 敬老愛心(=老人・障害者) / 成人去回(=大人往復) / 孩童去回(=子供往復) からチケットタイプを選択します。
*(年齢がボタンの下に小さく表示してあるのでご注意ください)
台湾鶯歌 台鉄自動販売機4.jpg
4. 行先のボタンを選択して押します。  
5. お金を投入します。100元札の場合は1枚ずつ左寄せで真っ直ぐに投入して下さい。

鶯歌駅へ到着したら「文化路出口・陶瓷博物館」出口の階段を降ります。出口を出て右方向へ線路沿いに歩いてゆくと「鶯歌城」と書かれた高架橋が現れます。高架橋トンネルをくぐり左側に広がる「重慶街・尖山埔路」を直進すると「鶯歌陶瓷老街尖山埔路出入口」に着きます。

台湾鶯歌老街.jpg
鶯歌陶瓷老街への道はこの高架橋トンネルをくぐって左です。

台湾鶯歌店2.bmp
高級な茶器のほかに店先に置かれたワゴンの中には一つ2~30元ほどのお手軽な茶碗なども山盛りに置かれていたりします。

台湾鶯歌 2.jpg
可愛い箸置きもたくさん種類があって選ぶのに迷うほどです。

台湾鶯歌 展示館.jpg

鶯歌老街の街の中心部にはショッピングモール「鶯歌光点(美学館)」があり、施設内には陶器以外の美術品やインテリア雑貨、カフェなどのショップがあるので、散策途中の休憩場所として多くの方に利用されています。

台湾鶯歌光点美学館.jpg
*内部

また(私は体験していませんが)陶芸体験が出来るお店もあるので、作ったものを焼いて送ってもらう事も出来るそうなのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。(出来上がるまで日にちがかかるので日本への郵送には別途料金がかかります)

台湾鶯歌店.jpg

鶯歌老街風景.bmp


台湾、中国でも大人気の卓球の愛ちゃんが引退を表明!

先日、卓球プリンセス「福原愛」さんが引退を表明しましたね。
可愛い盛りの3歳の子供の時から応援してきて、まるで自分の娘のように思ってきたので、この若さで引退だなんて寂しい限りです。

中国でも台湾でも愛されてきた愛ちゃん、両国のメディアでも惜しむ声が多く寄せられました。

福原愛 引退1.jpg

引退の理由を聞かれ福原愛選手は「一区切りつけると発表し、いろいろな方からお疲れさまと言われました。今は晴れやかな気持ちです」と笑みを浮かべた。その上で「毎日のように気持ちが揺れ動き、決まっても1週間たったら、違っているなと悩み続けた。自分中心ではなく、一歩引いて卓球界とか、いろいろなことを考えた時に、今回の考えがストンと降りてきて、そこからは変わらなかった。考え抜いた決断が出来たかなと思います。立場、役回りを考えた時に、どのようにしたら周りの方に喜んでいただけるか考えた時に、こういった答えにたどり着きました」と語った。(日刊スポーツより)



夢は娘と温泉卓球でスマッシュ「なんで お母さん できるのって言われたい!」・・・引退表明会見

福原愛 引退2.jpg
2012年8月、ロンドン五輪の卓球女子団体で銀メダルを獲得した(左から)福原愛、平野早矢香、石川佳純、各選手

伝説の”さんま”に泣かされる映像、この番組から全国的に有名になりました。

*福原愛×さんま「伝説の愛ちゃんを泣かせるシーン」

下記の映像は台湾と中国の反応を紹介しています。台湾人と結婚して子供もいる愛ちゃんは台湾での人気は想像を絶するほど大きいのですが、中国でも愛ちゃん人気はすさまじく、この度引退に際して、中国外交部の女性報道官まで引退を惜しむコメントを残してくれました。

いつもは厳しい姿勢で外交問題を述べるこの報道官も愛ちゃんのこととなると顔がとても優しくなっていたことに驚きました。

また小さいときから、中国人のコーチについて卓球を練習し、中国東北のリーグに所属して切磋琢磨してきたため、中国語が上達しました。現地の人が驚くほどの発音の良さで、中国のメディアでもユーモアを交えたコメントが中国での人気を飛躍的に高めたそうです。


アジア大会 福原愛 中国メディアに応じる(2014年9月)
*画面右下にある最左側にあるマーク(字幕)をクリックすると日本語字幕が出ます

完璧な東北なまりの中国語で多くの中国人は愛ちゃんは中国生まれの日本人だと思っていたそうです。
そしてついには世界一の丁寧選手から勝利を奪った、われらの愛ちゃんの雄姿!を目に焼き付けてください
(映像が乱れます。どうかご了承ください)

*世界ランク1位の丁寧を0-7から逆転勝利した試合(2014年仁川にて)

今後については「生涯、ずっと卓球界に携わる卓球人でいたい。新しいリーグ、Tリーグが開幕します。私を必要としてくれるなら、卓球界のために何でも貢献したい」と語りました。そして今後は日台の文化交流を促進する架け橋の役割を担っていくことに意欲を示しました。

そして、日台だけではなく中国との友好にも大きな役割をしてくださることでしょう。(”愛ちゃん"だなんて、なれなれしく呼んでしまいました。どうかお許しくださいね。)

最後に台湾でのパナソニックのコマーシャルに幸せそうな愛ちゃんの一家が出演している映像をご紹介します。


世界最大級のホテル予約サイト~台北のホテルならあらゆるタイプが選べます