台湾のクリスマスは何処もキラキラ!

台湾は南国なので雪の中のホワイト・クリスマスは決してありませんが、街中どこに行ってもクリスマスツリーがキラキラ輝いています。
冬の長い夜を彩る”イルミネーション”の美しさは日本の比ではないと思います。まるで街中がお祭りのようです。

ヨーロッパなどのキリスト教徒の国ではクリスマスは聖なる夜で敬虔なお祈りで過ごす大切な日でしょうが、日本も台湾も一種の”お祭り”のようになっていますね。
クリスマス風景.jpg
*本場ヨーロッパのクリスマスのイメージ

なるほど台湾は宗教には非常に寛容で仏教、道教、キリスト教、イスラム教などの教徒が混然と同居し何事も問題なく過ごしています。その他先住民族も各部族ごとの宗教もあるので、我々外国人は一体”台湾は何教の国”なのか分からなくなります。

まあ、この世の中、異なる宗教どうしが殺しあう国もあることを思えば、いろんな宗教の行事を楽しめる台湾は「地上の楽園」ではないでしょうか。

台湾クリスマス4.jpg
*マンダリン・オリエンタル・ホテルの外観

さて、今回台北の繁華街で目撃した美しいクリスマスツリーとその周りで繰り広げられる、クリスマスシーズンのお祭りの様子をお届けします。どうぞ理屈なしにお楽しみください!

台湾クリスマス2.jpg 台湾クリスマス3.jpg
*遠東シャングリラ・ホテルのツリー 

台湾クリスマス9.jpg
*イルミネーションが光輝く通りをそぞろ歩く市民

台湾クリスマス6.jpg 台湾クリスマス8.jpg
*台北101ビルの近くの会社のツリーと*信義区のある三越デパート前のツリー


台湾クリスマス7.jpg
*カフェテリアでくつろぐ人々

台湾クリスマス11.jpg 台湾クリスマス10.jpg
*台北101ビルも広告塔になっていました*信義区のある三越デパート前のツリー

台湾クリスマス12.jpg
*ビルの壁面もイルミネーションで飾りつけられています

台湾クリスマス13.jpg
*大道芸人がパフォーマンスを披露して拍手喝采!

台湾ホテルクリスマス.jpg
*遠東シャングリラ・ホテルの豪華なロビーのツリー

台湾板橋6.jpg
でも、なんと言っても最も台湾らしくて豪華なのは・・・「板橋クリスマスランド」のツリーです!

このように台湾中の繁華街が夜市のように人であふれキラキラ輝いています。ちっとも寒くなく涼しい夜風にあたってそぞろ歩く楽しさは決して(寒い)日本では味わえません。それにクリスマスが終わってもツリーは来年の1月1日まではそのまま飾るところが多いのもうれしいですね。


台湾で冬至に湯圓(タンユェン)を食す!


12月22日は冬至でした。日本では冬至に南瓜を食べて運気を上げたり、厄除けのために柚子湯に入ったりする習慣がありますが、台湾では冬至に「湯圓」(タンユェン)という白玉のようなお団子を食べます。

台湾湯圓1.jpg

湯圓は日本の白玉のような食べ物で、ぜんざいにいれたり、ピーナツスープに入れて食べたり、甘いスープに入れてデザートとして食べるのが一般的です。

台湾冬至4.jpg台湾冬至3.jpg


冬至に丸い湯圓を食べるのは、一家団欒(だんらん)、円満の象徴で、昔は家族が集まって団子を丸めて作ったそうですが、最近はお店で買ったり店で食べることが多くなったそうです。この写真にあるように普段はパン、ケーキを売っている店が、店先で売ることもあります。

台湾パン屋3.jpg
*台北市にある「大普美藝術蛋糕(パン・ケーキ屋さん)」の店内

*冬至前になると店先で「湯圓」の販売が始まります
台湾湯圓2.jpg
*あっという間に売れてゆきます
台湾冬至2.jpg

湯圓には様々な種類があり、直径3㎝ほどの大きさで中にごま餡(あん)やピーナツの餡を入れたものや、直径1㎝ほどの大きさで紅白の小さな団子状のものなどもあります。他にも中に肉餡を入れた食事風の「鹹湯圓」(シェンタンユェン)もあります。
*調理例
台湾冬至1.jpg

*このお店は台北市民の人気のお店です。(パンとケーキそのほかの行事に食べる台湾独自のケーキも売っています)
「大普美藝術蛋糕」店 台北市中山區錦州街199號 (地下鉄、行天宮駅から歩いてすぐのところ)


台湾野球の三冠王 王柏融選手日ハムへ!

今、台湾でホットな話題をひとつ。

台湾野球(棒球)の三冠王、「王柏融(ワンボーロン)選手が日ハムへ!」 というニュースが連日報道されています。
野球人気が高い台湾なのでビックニュースになっています。
台湾の野球ファンは王選手が日ハムに入団したので大喜びです!

*【棒球】王柏融加盟日本火腿鬥士 穿上99號戰袍征戰日職 /

*王柏融選手が台湾で日本ハム入団会見
王柏融は“台湾の大王”と称される左の強打者で16、17年と2年連続で打率4割超えを達成。17年は打率・414、31本塁打、101打点で台湾人選手としては初となる三冠王を獲得した。ゴールデングラブ賞3度と外野守備も安定しており、25歳という年齢を考えてもまだまだ無限大の可能性を秘めていると評価は非常に高い。 優先交渉権を獲得した後、獲得に動き出した日本ハムは107ページにも及ぶ「チーム紹介資料」を作成。内容はチームが取り組むトレーニング法などに加え、札幌市内の台湾料理店も紹介。誠心誠意を尽くした交渉で恋人の心を動かした。台湾球界で初めてポスティング制度を行使し、日本ハムと3年総額4億円プラス出来高払い(金額推定)で正式契約。


台湾の人々は野球が大好きでメジャーリーグと日本の野球の試合を実況放送する専門チャンネルが幾つもあるほどで、本当に日本の野球の選手などのこともよく知っています。
*台北市立天母棒球場
台湾天母棒球場.jpg

台湾野球場.jpg

特に台湾人がメジャーや日本のチームにいると、その選手を見るためのツアーまで組まれるほどの熱狂さです。
この度「王柏融」選手が入団した日ハムは以前「陽岱鋼」選手(現在巨人軍)が活躍していたので、そのため北海道まで応援に行く人がどれだけいたでしょうか。今回も王選手が日本で活躍すると、またまた北海道は人気の観光地になることでしょう。

台湾での活躍の映像があります。2018年度の王柏融 」選手の(159安打)全紀錄です。
日本ではこれほど打てないでしょうが、いい成績を残して日本と台湾の野球ファンを楽しませてほしいものです。



台湾に行かれたら、どうぞ球場にも足を運んでみてください。チームを応援するチアガールの可愛いことと、鳴り物入りの応援が熱いのでとても楽しめると思います。それに日本のように満員になることが少ないのでゆったり野球観戦ができます。

台湾野球5.jpg
*各チーム、チアガールのパフォーマンスに工夫を凝らしていて飽きさせません
台湾野球3.jpg

台北市には天母と新荘に野球場があります。どうぞ来シーズンには是非お越しください!(チケットも安く、コンビニでも買えます)

世界最大級のホテル予約サイト~台北のホテルならあらゆるタイプが選べます