今日は台湾のお休み”228記念日”です

今日は台湾の記念日です。

昨日台湾の友人が「木曜日から連休になる」と言っていたので、「なぜ休みなの?何の祝日?」と尋ねたら、明日は「228記念日です」と答えたので、あっそうか、2月28日は台湾にとって忌まわしい「228事件」の発生した日だったのです。すっかり忘れていました。

二二八和平公園.jpg
*台北*二二八和平公園
何度も台湾を訪れていらっしゃる方はこの日のことをご存知だと思いますが・・・・

ウィキペディア(Wikipedia)によると
二・二八事件(ににはちじけん)は、1947年2月28日に台湾の台北市で発生し、その後台湾全土に広がった、中国国民党政権(在台中国人)による長期的な白色テロ、すなわち民衆(当時はまだ日本国籍を有していた本省人(台湾人)と日本人)弾圧・虐殺の引き金となった事件。
1947年2月27日、台北市で闇タバコを販売していた本省人女性に対し、取締の役人が暴行を加える事件が起きた。これが発端となって、翌2月28日には本省人による市庁舎への抗議デモが行われた。しかし、憲兵隊がこれに発砲、抗争はたちまち台湾全土に広がることとなった。本省人は多くの地域で一時実権を掌握したが、国民党政府は大陸から援軍を派遣し、武力によりこれを徹底的に鎮圧した。・・・以下略・・

という事件で、その後1949年発令された戒厳令は38年後の1987年まで、長期にわたり継続し、国家安全法によって言論の自由が制限されていました。今日の台湾に近い形の「民主化」が実現するのは、李登輝総統が1992年に刑法を改正し、言論の自由が認められてからのことでした。

台湾228記念公園.jpg
*二二八和平公園の慰霊塔(台北市)

このような、台湾人にとっては長い長い冬の時代があったことで、より自由にものが言える民主主義の大切さが。骨の髄から理解できるので、政治家の選挙には、本当に真剣に候補者を選ぶのです。

台湾選挙4.jpg
*昨年11月の地方選挙の様子、真剣にまた熱く政治にかかわる態度は見習わなくてはなりません

多くの日本人が選挙に棄権するなんて、台湾の人にとっては理解できない考えでしょうね。

私の台湾旅行のブログではこのことをお話しすることは、ふさわしくないので、ここでは今日は「228記念日」です。とお知らせすることだけにしておきます。この話題はこれで終えますが、ただ今日は台湾の人々にとって忘れられない重要な記念日だということを心に留めたいと思いました。

台湾にとって二度とあのような、不幸な事件が起こらないように心からお祈りするしかありません。



日本より早く桜を見る~淡水無極天元宮

今の時期、台湾は花見の季節です。今だとちょうど桜の見ごろに間に合いますので、ぜひとも台湾に行かれたら淡水まで足を延ばして訪れてみてください!

台湾天元宮桜7.jpg

1970年代に台湾原種である山桜に日本の吉野さくらを接ぎ木して、台湾でも生育する見事な吉野さくらを植樹したそうです。美しい日本の桜がこの南国台湾でも鑑賞できるとあって、近年では桜の名所として有名です。

CIMG1438.JPG

もう、「淡水無極天元宮」の境内では2月中旬から早い桜(山桜でしょうか?)は咲いていますが日本の吉野桜は3月に入ると満開になります。台北からバス、タクシーですぐのところなのでどうぞ訪れてみてください!

台湾天元宮桜6.jpg

「淡水無極天元宮」は道教のお寺で、最近では台湾北部一番人気桜の名所となっています。3月の桜のシーズンになれば、MRT淡水駅2番出口から15元のシャトルバスで約20分で行けます。北京の天壇によく似た5階建ての円形の建物は無料で参拝することができます。

淡水無極天元宮3.jpg

天元宮の建物は5階建てで、エレベーターはなく、徒歩しか上る手段がありませんが、上階からは東シナ海が一望でき、よい景色です。

淡水無極天元宮1.jpg

桜は天元宮の入り口から建物まで並木になっていて、日本で一般的な八重桜とは異なる吉野桜ですが、花見の雰囲気を楽しむことができます。日本の花見はシートを敷いて大勢でお酒を飲んだりして楽しみますが、台湾ではそうしたことはなく、歩いて桜を楽しむだけです。

CIMG1425.JPG

日本のように”花より団子”という飲んで騒ぐという風景はなく、みんなゆっくり花を観賞し、あちこちで写真撮影に励みます。人出は多いですが、こういう人混みは台湾の人たちは慣れているので、和気あいあいとして譲り合って、とても気持ちのいい散策になります。皆様も台湾の人たちをお手本としてゆっくり桜見物をしてください。

台湾天元宮桜4.jpg

さて、帰りのシャトルバスは大変混みますが、「座席」と「立席」で列が分かれており、立席を選ぶのであれば列が速く進みます。
なお土曜日曜は避けたほうが良いと思います。台北市民が大挙して押し寄せ道路も境内も渋滞しますのです。

台湾天元宮桜5.jpg

食事はこの近くにも何軒かありますが、この時期どこも満員になるので、淡水駅まで戻ってゆっくりしたほうが良いです。淡水は観光地になっているのでレストランや食べ物の屋台がたくさんあるので好きなものを選んでゆっくり食事できます。

2月10日に撮った動画がありました。この頃の桜は種類が違って赤みを帯びています。


3月になると、日本の吉野さくらと同じ種類なので、美しさがもっとアップして人出もより多くなります。(2018年 3月の撮影)


過去記事「淡水の山手にある天元宮に行きました!」もご覧ください


台北ライトフェスティバル2019~ルミナリエ!?

旧暦の1月15日は元宵節。(新暦2019年では2月19日)。この日から台湾各地でランタンフェスティバルが行われています。(今年のランタンフェスティバルは台湾南部の「屛東県」となっています。2月19日から3月3日までの2週間、開催されています。)

台湾ルミナリエ全景.jpg
南部には行く予定がないので、今年は台北で「ルミナリエ」を見に行きました。2月5日から19日まで開催されていました。

台湾ルミナリエお知らせ.jpg

最初は台湾でルミナリエが見れる?だなんて信じられませんでしたが、今回は「台北市政府とスーパーマーケットの全聯が協賛」で、イタリアからルミナリエを期間限定で台北に呼び寄せたのです。

神戸のルミナリエは12月の風物詩として有名ですが、まさか台湾で見られるだなんて本当に驚きました。昔から神戸のルミナリエは見てみたいと思っていたので、こんなところで夢がかなうなんて本当に嬉しいことでした。

台湾ルミナリエ5.jpg

台北市政府ビル.jpg 台湾全聯スーパー.jpg
*台北市政府の庁舎と*全聯福利中心 PXMART(ピーエックスマート)スーパーマーケット
ルミナリエとは1995年に起こった阪神・淡路大震災の発生を契機に鎮魂と追悼、街の復興を祈念して震災で激減した神戸への観光客を呼び戻す目的で毎年開催されています。イタリア発の「ルミナリエ」は、色とりどりの電球を組み合わせた立体的な夢の空間の傑作で、阪神大震災の後の代表的なイベントとなりました。


台湾のルミナリエも神戸のと同じイタリアのデザイナーにより設計され、23万個以上の電球が使われたそうです。

台湾ルミナリエ1.jpg

午後6時半から点灯式があるのですが、5時頃からすでに多くの人が集まっていました。会場からは台北101がキレイに見えますが、雲がかかって思いがけず不思議な光景が撮れました。

台湾ルミナリエ3.jpg

会場は信義区の市政府前の広場とその先の車道になっています。点灯すると、このような感じです。電飾と共にクラシック音楽が流れ、さすがヨーロッパという敬虔な雰囲気にあふれていました。

台湾ルミナリエ5.jpg

台湾ルミナリエ4.jpg

向こう側にもズラーッと連なっているのですが、道路を渡らなければならず、信号を待っている人が多すぎていつまでも渡れなかったので、遠くから写真を撮っただけで諦めました。

台湾ルミナリエ7.jpg

私は神戸のルミナリエには行ったことはなくて、ずっと行ってみたかったので、台湾で思いがけず幻想的な光景が見られて良かったです。

台湾ルミナリエ全景.jpg


世界最大級のホテル予約サイト~台北のホテルならあらゆるタイプが選べます