台湾がトップ!~令和で行きたい日本人の海外旅行先

いよいよあと2日で、新しい元号「令和」の時代が始まります

台湾と令和1.jpg

この度、こんな記事を見ました。(東京 23日 中央社)
《令和で行きたい日本人の海外旅行先、男女とも台湾がトップ!》

台北101.jpg

『5月1日から始まる新元号「令和」の時代に日本人が行きたい海外旅行先に関するアンケートで、台湾が男女別でともにトップに選ばれた。総合旅行プラットフォーム「エアトリ」の運営母体が調査を実施し、発表した。

台湾を選んだ理由として、調査を受けた40代男性は親しみを感じること、60代の男性は、何回来ても飽きないことや食事が合うことを挙げた。一方、40代~50代の女性からは、台湾の歴史やグルメ、マッサージなどに興味を示す声が寄せられた。

士林夜市.jpg

台湾を選んだ人の割合は、男性では10.4%、女性では11.0%を占めた。2位~5位は男女別に見ると、男性はハワイ、アメリカ本土、タイ、ベトナム、女性ではハワイ、スペイン、韓国、イタリアとなっている。同調査は4日から7日にかけてインターネットを通じて実施され、10代から70代の男女898人が回答した。』(東京 23日 中央社)

w1080.jpg

台湾大好き人間の私としたら嬉しい限りです。でも、この結果は当たり前でしょう!

2018 0705 taiwan5.JPEG

旅費が安く、近くて、安心安全、人々は人情に厚く親切、その上、何と言っても何を食べても美味しい!!

台湾地下街.jpg

近代的な都会かと思うと、ちょっと路地に入ると、そこは異国情緒に溢れた見知らぬ外国。いろんな民族が共存している不思議な空間。

そして外国だと思えば、そこかしこに昔の日本の姿が見え隠れする。

こんな魅力的な国が世界のどこにあるのでしょうか?・・・どこにもありません!
旅行先のトップになるのは当たり前です。

*日本時代の鉄道橋の史蹟
台湾龍謄断橋.jpg

ところで私と言えば、この10連休また台湾に行きたかったのですが、直前まで仕事だったし飛行機のチケットが高すぎるので諦めました。

連休などは避けて、シーズンオフに行こうかと思っています。
台湾果物1.jpg

さて、ニュースで先週の土曜日から、関空は開港以来最高の出国者数を記録したと報道していました。

台湾旅行1.jpg

空港はさぞかし、大混雑しているんでしょうね。台湾の空港も普段でも観光客が行列して入国まで1時間2時間かかるなんてざらだったので、
想像するのも恐ろしいほどの混み方じゃないでしょうか。

台湾飛行機イメージ.jpg

このブログを台湾でご覧になっておられる方、混雑している台湾ではくれぐれもスリにはお気を付けください。それと、観光客目当てのぼったくりもあると思いますので、高価なものを買うときはじっくり考えて相手のペースに乗せられないようにすることです。

台北市内.jpg

前半で台湾は「安心安全!」と言っておきながら、なんだよ!とお思いでしょうが、どこにもでも悪い人はいるものです。

実は、これらのことは私が過去経験したことなのです。タクシー、土産物のぼったくり、スリ、置き引き、など経験しているのです。(ちょっとした気のゆるみからです・・・。)

この台湾旅行を楽しい思い出にするために、どうかあまり気を抜かないで、思う存分楽しんでくださいね!  祝你旅途愉快!(良い旅行をされることを祈っております)

台北228公園.jpg
*台北228記念公園

侯孝賢監督のデビュー作は心温まるラブ・コメディ!

侯孝賢監督のデビュー作「就是溜溜的她(素敵な彼女)1980年作」は当時台湾では人気を博していた二人の歌手、鍾鎮濤(ケニー・ビー)と鳳飛飛(フォン・フェイフェイ)を起用しての”ラブ・コメディ”映画でした。

今でいうところのアイドル映画というべきでしょうが、この作品がデビューとは思えないほどの充実した出来栄えで、当時大ヒットしたそうです。若き日の侯孝賢監督の才能を知らしめた作品と言えるでしょう。

私は何年もたってから見たのですが、映画の挿入歌に乗って繰り広げられるラブ・コメディは、いつまでも心に残る爽やかさと甘酸っぱい青春を思い起こさせる映画でした。


電影"就是溜溜的她"主題曲 鳳飛飛:主唱
[歌詞要約]
 小さな ウグイスが 大空を飛び回り
 その歌声は 雲を抜け 月に引っかかる
 ”何のお話をしてるの”とウグイスに聞くと
 ”素敵なお嬢さん”と 答えが返ってきた
 その声に酔いしれ 
 ただうっとりと聞きほれる
    ーくり返しー


鄉間的風:ふるさとの風 (電影"就是溜溜的她"插曲 鳳飛飛:主唱)
*ちょっと切ない気持ちを歌っています

第2作目の映画「風兒踢踏踩(風が踊る)1981年作品」も前作に引き続きケニー・ビーと鳳飛飛主演の映画でした。
アイドルのイメージを損なわないようにとの制約のもとの撮影であったのでしょうが、前作同様、出演者、製作者全員が如何にも楽しんでいるかのような雰囲気があふれている楽しい映画になっています。

この作品では視覚障害者の苦労も何気なく扱っているいるので、前作よりも内容は深くなっている気がしました。


電影"風兒踢踏踩"主題曲 寶玲:主唱
[歌詞要約]
 風が吹き 雲が流れ
 小鳥がさえずる 窓の外に 飛び出そう
 風に向かい 影を踏んで スキップしよう
 ドアをノックして 友を誘って
 足取りも軽やかに スキップしよう
 若者は踊り 世界は愛に満ちている
 ララララ・・・ スキップしよう
 若者は踊り 世界は愛に満ちている

これら映画の挿入歌も一度聴いたら忘れられない楽しい音楽です。

後の侯孝賢監督の作品は、台湾及び海外の映画祭のグランプリを総なめにしてゆくのですが、これら初期の作品は制作側主導のものが多く、個性を万全に発揮できなかったでのしょうが、それでも後の作品の萌芽はいくらでも発見できます。


悄悄喜歡你(こっそりあなたが好き)(電影"風兒踢踏踩"插曲 寶玲:主唱
[歌詞要約]
 銀河にあなたがいる 銀河に私がいる
 会えさえすれば どんなに楽しいか
 数ある星の中で あなたが一番輝いている
 あなたは私のそばに いてほしいのに
 あなたを好きと言えない私
 こっそり言うわね 私の大切な人
   -くり返しー

それにしても、これらの映画で見る、台湾人の人情の厚さと子供たちの素朴な表情は実に生き生きとしています。それに出演している俳優たち、すべてが全く自然体で演技に嘘がなく、誠意に溢れています。侯孝賢監督の演出の妙味でしょうか、画面からそれらが大いににじみ出てきます。

題材の平凡さとは裏腹に、その手法は非凡で、見る者を一瞬たりとも飽きさせません。何気ないワン・シーンにも新しい発見があります。これらの初期の作品を見るだけでも侯孝賢の傑出した才能がうかがえるのではないでしょうか。

私はこれらの作品が大好きで、何度見ても見飽きることがありません。見るたびに心がうきうきして幸せな気持ちになってくるのです。

今回は主題歌にのって映画の一場面の動画(3分余り)だけのご紹介ですが、映画の楽しさが分かっていただけると思います。

台湾映画DVD2.jpg
写真は台湾で買い求めた映画作品の一部です。古い作品なので1枚約100元です。リージョンは全てオールで日本でも再生できます。

もし、これらの映画にご興味があれば台湾に行った時にCD・DVD店でぜひともお買い求めください。(中国語が理解できなければ難しいかも知れませんが)

銅鑼~映画のロケ地を訪ねる~冬冬(トントン)の夏休み

侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督の初期の愛すべき秀作です。

1983年に朱天文の子供時代をモデルに原作、脚色された作品でした。台湾中部にある苗栗県の銅鑼(トンロー)という町が舞台になっています。

冬冬的假期.jpg

映画のあらすじは・・・台北の小学校を卒業したトントンは妹のティンティンと二人、夏休みを田舎で開業医をしている祖父の家ですごすことになります。母が入院し、父は看病でつきっきりだからです(「となりのトトロ」にも似た設定ですね)。

母方の叔父に付き添われ、台湾中部の銅鑼駅までいくはずが、恋人と同行の叔父は無責任にも彼女の実家にある途中の駅で彼女を見送っているうち列車に乗り遅れ、二人は寂しく目的地、銅鑼駅に着きます。

冬冬の夏休み3.jpg
*映画の一場面 銅鑼駅に着いたふたり

しかし、駅前で遊ぶ子供たちとすぐにうちとけ、車で追いついた叔父と、診療所となっている祖父の邸へ……。

冬冬の夏休み1.jpg
*映画の一場面 診療所前

こうして田舎での休暇が始まるのです。原作、脚本の朱天文女史の幼年時代に基づく、ただ郷愁を誘うとか、懐かしさに溢れるとだけ書くのではすまされぬ心温まる秀作でした。

*ホウ・シャオシェン監督作/映画『冬冬の夏休み』『恋恋風塵』予告編


私は83年の映画「坊やの大きな人形」と、この作品が侯孝賢作品の中で最も好きです。ただ子供時代の懐かしさを描くのではなく、ひと夏の経験で幼い兄妹の心の成長が描かれています。

冬冬の夏休み2.jpg
*映画の一場面

また次々と登場する逸話は微笑みを誘い、ひと昔前の日本にも似た自然や風景は陽光と郷愁をたたえています。

冬冬の夏休み4.jpg
*映画の一場面

楽しげな子どもたちの川遊び、木登りなどのたわいもない子供映画を観るように和やかな視線を送っていたわれわれも、白痴の娘の登場や強盗犯を目撃したりする場面から、思いがけない作品の深みも知ることになるのです。

冬冬の夏休み5.jpg
*映画の一場面

ロケは朱天文の祖父の診療所が使用されたということです。
写真は、その舞台となった診療所跡です。典型的な日本統治時代の建物で、われわれ日本人にも懐かしい建物でした。今では廃院になっており、将来記念館として残すということが書かれていました。

台湾冬冬の夏休みロケ地2.jpg
*私が撮った診療所あと(銅鑼駅から歩いて5分ほどの近い場所にありました)

立ち入り禁止ということだったので外観だけを撮りましたが、眺めていると中からいたずらもののトントンと妹のティンティンが飛び出してくるような気がしたものです。

苗栗県の銅鑼.jpg
*現代もまだ田舎の風景が残っていました

映画が出来て数十年たっているので、町の様子がすっかり変わっていて、昔の面影を探すのにも苦労しましたが、幸いトントンのお祖父さんの診療所と駅前広場の様子は映画と変わっていませんでした。

台湾冬冬の夏休みロケ地3.jpg
*現代の銅鑼駅


*映画の冒頭の場面 冬冬の卒業した台北市内の小学校の式典の模様です
いまや日本ではすたれつつある「仰げば尊し」が歌われています。

この映画に出てくる子供たちは演技をしている風には見えず、全く自然体なのが魅力的です。周りの大人たちの子供を見る目も厳しい中にも優しさがあり、何度見ても新しい発見のある素晴らしい映画だと思います。

私はこの映画が好きすぎて、何回見たか分からないほどです!
世界最大級のホテル予約サイト~台北のホテルならあらゆるタイプが選べます