台湾で見事な「阿波踊り」が?!

先日、台湾の友人から「今年の4月末に台北で阿波踊りを見たよ」と聞いて、ーえっ、何処の阿波踊り?ーと思わずたずねました。

すると、日本から阿波踊りの団体が来て、台湾の各地で公演していたよ。というので、調べてみると・・・
今年の4月26日から28日まで台湾の各地で公演があったことを知ったのです(前回は2017年に開催)

台湾 阿波踊り.jpg

2013年から東京の杉並区から文化交流の一環として「阿波踊り」の公演があるということを知りました。

なぜ、東京の杉並区の高円寺阿波踊り連が台湾で公演するようになったか、そのいきさつを以下の動画でご覧ください。
東京高円寺阿波おどり 台湾公演2017(J:COMチャンネル・J:COMテレビ)



当初は総勢60名の一行も、今年は160名の大所帯になっているそうです。台北市、新北市(板橋)雲林県、高雄市など各地で公演をおこないました。

東京高圓寺阿波舞~松山慈惠堂表演一2019 年4月28日


東京高圓寺阿波舞-(下午場全+舞者離場)松山慈惠堂(虎山)


松山慈惠堂の境内で行われた公演の様子です。最高のロケーションで、お堂の上階から一群の踊り手たちが降りてくる場面など、鳥肌が立つほど感動しました。台湾の皆さんも心から楽しんでいるのが良く分かる映像です(数あるYouTube映像の中でも最好看的映像)

夜の演舞でライトアップでもされていたらもっともっと素晴らしかったでしょうね。来年もここで開催してほしいものです!


日本東京高圓寺 阿波踊舞 踩街公演 2019年


この上の動画は、街頭に繰り出す、本来のスタイルで、夜になって照明が当たり女性陣の笑顔と着物の美しさが、際立って台湾の観客の心を鷲づかみにしたことでしょう。(於:北港朝天宮)


日本東京阿波踊舞表演( 於:内湖  2019年4 月27日)

定点カメラで動きがないのが残念ですが、この演舞と鳴り物が鮮明に撮れています。そして観衆の熱気も見事にとらえられていましたのでご紹介しました。

*2017日本東京高円寺阿波踊り 在松山慈祐宮


上の動画は2017年4月の動画ですが、阿波踊り本来の練り歩く所もあるのでご紹介しました。でも演舞中の放送や、警備員の警笛の音が邪魔ですね、今後はこういう事は控えて欲しいものです。見ていて感じました。全編で34分もありますが、鳴り物のテンポが常に変化し、歌や掛け声も入り、長時間見ていても決して飽きさせません。


*4月26日から28日の台湾公演のすべてを25分にダイジェストして紹介しています。今年の交流の様子が良く分かる映像です。

私は今回、初めてと言ってもいいくらい、何回も何回も阿波踊りを見ました。こんなに真剣に踊りを見たことはありませんでした。最初は台湾の方と同じ目線で見ていましたが、次第に高円寺の演者の方々の努力と熱意に打たれて非常に感動してしまいました。台湾に行った方ならご存知でしょうが、どれだけ台湾の四月の末の暑いことか、日本で言えばもう真夏の暑さです。

台北 阿波踊り.jpg

この暑い中、台湾中で3日間も何度も何度も公演を繰り返すだなんて、どれだけお疲れになったことでしょうか。本当に感服しています。
踊り手、鳴り物の方々が一糸乱れずに、笑顔で演じられる映像は、見ているうちに感動の嵐になり涙が流れるのを止めることができませんでした。

台湾の人々に日本の伝統芸能を、これほどまで真摯に披露してくださった皆様に心からお礼が言いたいです。「ありがとうございました!」

東京高円寺阿波踊り台湾.jpg

これらを見ていると、伝統芸能を通じて日本と台湾の関係がますます親密になってゆくと信じています。

      **************

最後に、やはり本場、徳島(阿波)の踊りもご覧ください!
圧倒的な迫力と美しさです!!

阿波踊り2017 総集編(徳島新聞動画 TPV(Tokushima Press Video)


400年以上の歴史を誇り、世界にも知られる阿波踊り。発祥の地の徳島(旧阿波国)では毎年8月12〜15日に開かれ、100万人超の人出でにぎわいます。

台湾で、阿波踊りをご覧になった台湾の人も今度は、徳島で本場の「阿波踊り」をご覧になられることを祈念しています。
そして、日本の伝統芸能を心ゆくまでご堪能ください。

再び「南山微風ブリーズセンター」を散策する

また台北101ビル横の「南山微風ブリーズ・センター(微風廣場)」に行ってきました。

南山ブリーズ1.jpg

今年の1月にオープンしたばかりの台北の新名所で、オープン当初の混雑が少し緩和してきたみたいなので、また訪れてみました。

南山ブリーズ11.jpg

ファッション関係のBEAMS、ユナイテッドアローズなどお店やメガネ店のJINSや、日本でもおなじみのブランドです。

南山ブリーズ9.jpg

南山ブリーズ12.jpg
 
5階にあるレストラン街は日本かと思うほどに日本料理屋がたくさん並んでいました。地下二階にも食堂街がありますが、値段が安いこともあって混雑がひどく、落ち着かないので、今回は5階に行きました。

南山ブリーズ5.jpg

南山ブリーズ6.jpg

天婦羅どんぶりのお店「天や」があったので、そこで天婦羅どんぶり定食(250元)をいただきました。
南山ブリーズ8.jpg

南山ブリーズ7.jpg

どこも行列ができるほどの人気ですが、特に多くの人が並んでいたのは「東京ミルクチーズ工場」です。

南山ブリーズ2.jpg

最近、日本の空港でクッキーなどが売られてるのをよく見ますが、台湾ではそのソフトクリームが大人気で行列になっていました。

南山ブリーズ アイス.jpg

ミックスのソフトクリーム(130元)と、ミックスのサンデー(200元)を頼み、食べました。
濃厚なチーズとバニラの味で、並んで食べる価値はあると思います。ちなみに、店員さんは日本の方で、注文も安心でした。

南山ブリーズ13.jpg

ここは、日本じゃないの?と思うほどの日本の店が多く入っていて、年々台湾が日本のようになってきているのが感じられるこの頃です。

南山ブリーズ10.jpg

しかも値段も日本と変わらないくらい高価なものばかりなのに、どこも行列していて驚きました。とくに食事物は台湾のものと比べると倍ほど高いのに、どこも満員の盛況です。嬉しい反面なぜか複雑な気分です。(台湾独自のものが無くなるような気持ちだからです。)

南山ブリーズ13.jpg

さて、飲んだり食ったりして楽しんで、外に出ると周りはすっかり夜になっていました。このあと、食後の運動を兼ねて、近くの夜市に繰り出したのです。



過去記事:「ブリーズセンター(微風廣場)は若者の人気のスポット!」もご覧ください!


台北にまた素敵なショッピング・エリアが誕生しました!

地下鉄「台北駅」から東の終点にある「南港展覧館駅」にある[南港區] 中國信託金融園區 というエリアです。

中国信託地区南港.jpg

南港展覽館という台北最大の展示会場があって、その向かいにある新しいエリアです。中国信託金融園区といいます。

中国信託地区南港1.jpg

中国信託のオフィスビルなのですが、多くのレストランやお店が入っています

中国信託地区南港11.jpg

レストランの他、スーパー、おもちゃ屋、服屋、ドラッグストアなどが入っており、週末にはとても賑わっています。

中国信託地区南港10.jpg

ブルーラインの南港展覽館からも行けるし、茶色のラインの南港軟體園區站からも直通の通路があります

中国信託金融地区.jpg

このエリアはA, B, C棟にわかれていて、B棟に「好食城」というフードコートがあります。BとCはつながってて、どちらにも美食街があります

中国信託地区南港3.jpg

台湾は食の都とあって、どこに行っても大きなフードコートが広がっています。

中国信託地区南港4.jpg

今や台湾では人気のタピオカ・ドリンクなどがある、「楽法」というドリンク屋さんは人気のお店だそうです。

中国信託地区南港9.jpg

中国信託は「兄弟象」というプロ野球チームを持っているので、大スクリーンで野球を見ることができます。

中国信託地区南港8.jpg

中国信託地区南港6.jpg

快樂派というお店で鶏肉のドリア(189元)を食べ、大成というお店では排骨麵(160元)を食べました。

中国信託地区南港7.jpg

A棟の1階には、このような美しい展示がありました。滝が流れ、鯉が泳ぎ、花が散る、というように、画面が動きます。

中国信託地区南港12.jpg
中国信託地区南港13.jpg

幻想的で、まるで映画「アバター」の世界に入り込んだようでした。
中国信託地区南港14.jpg

きれいな動画がありました。どうぞご覧ください!


南港 中國信託金融園區---互動藝術裝置



世界最大級のホテル予約サイト~台北のホテルならあらゆるタイプが選べます