『EXILE』AKIRAと林志玲が台湾・台南で挙式!

今年6月に結婚を発表した、ダンスボーカルグループ『EXILE』のAKIRAさんと、台湾で女優、モデルとして活躍する林志玲(リン・チーリン)さんが11月17日、台南で結婚式を挙げました。

ビッグネームを持つ2人の結婚に、多くの人から祝福の声が寄せられ、テレビでも放送していました。

台湾 林志玲AKIRA結婚式2.jpg

朝早くからバスの到着を待つ群衆

台湾 林志玲AKIRA結婚式4.jpg

バスが到着して、押し寄せる報道陣と群衆 何万人いるのでしょうか?

台湾 林志玲AKIRA結婚式3.jpg

この日、台湾では「世紀の美男美女の結婚式」という声が数多く寄せられました、こちらのニュース映像をご覧ください。


林志玲甜嫁AKIRA!婚禮儀式「吳氏宗祠」舉行

映像を見ると、教会や式場ではなく、廟の前で多くの人の見守る中で挙式をしているのに驚きました。とても開放的で愛情のこもったいい式ですね。もちろん招待客が集まっての宴会はホテルで行われますが・・・。

台湾 林志玲AKIRA結婚式.jpg

AKIRAさんが中国語で誓詞を読み上げると、喜びで涙を流す新婦の美しいこと!この日は台湾のテレビ局が一日中、報道していて特に台湾のテレビ局「台視」では4時間にわたり実況していたようです。これほどまでに台湾では話題になり、みんなの関心が大きいと言えるでしょう。

台湾 林志玲AKIRA結婚式1.jpg

卓球の愛ちゃんといい、AKIRAといい日本と台湾の有名人が結婚するなんて、こんな嬉しいことはありません。ますます日台関係が深まってゆくことに間違いがありません。

過去記事:「台湾では林志玲、AKIRAの結婚報道でもちきり!」もご覧ください!

板橋クリスマスランド、本日点灯式!!(2019新北歡樂耶誕城)

今年も今日から新北市板橋の駅及び市庁舎前において『2019新北歡樂耶誕城(2019年新北市クリスマスランド』が開催されます!ちょうど本日18時から点灯儀式があります!

2019新北市歡樂耶誕城3.jpg
2019年の新北市からのお知らせ

台湾クリスマス9.jpg
2018年の市庁舎前の混雑

毎年、台北の副都心「板橋」で行われるクリスマスランド祭り」が早くも、今日(11月15日)から始まります。場所はMRT板橋駅を出てすぐのところです。夜になると会場はイルミネーションでキラキラと輝き始めます。 クリスマスの楽しい雰囲気が存分に味わえ、幻想的な世界を堪能でき、幸せな気分に浸れること請け合いです。

2019新北市歡樂耶誕城6.jpg
本日、11月15日18時から点灯式が開催されます!

嬉しいことに来年の1月1日まで開催されますので、台湾旅行の合間を縫って、台北のお隣、板橋区まで足を延ばして散策しては如何でしょう。3Dマッピングや無料のお子様向けの遊具があります。また週末だとライブショーやダンスのショーなどに遭遇するかも知れません。

台湾板橋6.jpg
2018年市庁舎前公園のクリスマスツリー
開幕時間: 2019/11/15 (五)~2020/1/1(三) 
公開日:2019年11月15日(金)~2020年1月1日(水)
每日亮燈時間: 17:30-24:00 点灯時間:17時30分ー24時00分

【新北市歡樂耶誕城三大燈區位置】:新北市三大イルミネーション地域
◆新北市市民廣場 (新北市板橋區中山路一段161號):市民ひろば
◆板橋車站站前廣場 (新北市板橋區縣民大道二段7號):板橋駅前ひろば
◆萬坪公園 (新北市板橋區新府路1A號):一万坪公園

「捷運板南線 / 板橋站」 2號出口:2号出口
「捷運板南線 / 板橋站」 3A出口(由地下道前往市府):3A出口地下道経由市政府庁舎前
「捷運板南線 / 板橋站」1號出口(萬坪公園):1号出口一万坪公園


2018新北市歡樂耶誕城 (2018 年のプロモーションビデオ)


「2017新北市歡樂耶誕城」台北夜景-縮時攝影特輯 (4K影片)BY棟梁

2019新北市歡樂耶誕城4.jpg

過去記事:①「今年も新北市板橋は光であふれています!~新北市歓楽耶誕城」もご覧ください!
②「新北市板橋クリスマスランド(その2)」もご覧ください!

2年連続で行きましたが、今年も12月中には行きたいと思っています。板橋の雑踏に身を任せ、写真を思う存分撮りたいです。

日台共通の【連携きっぷ】を発売!

またまた日本と台湾にとって、いいニュースがありました【阪神・南海・桃園メトロ、連携きっぷを発売】

阪神電気鉄道、南海電気鉄道、桃園メトロは、日本と台湾の相互交流活性化を目指し、「連携きっぷ」を11月8日から2020年3月31日まで発売する。ということです!

日台連携きっぷ3.jpg

阪神電気鉄道、南海電気鉄道、桃園メトロは、日本と台湾の相互交流活性化を目指し、「連携きっぷ」を11月8日から2020年3月31日まで発売する。阪神では、阪神各駅から南海線経由の関西空港までの片道乗車券と、桃園メトロの全線が利用できる片道乗車券、台北付近の22施設で使える割引クーポン、桃園メトロオリジナルグッズがセットになった「阪神電車×南海電車×桃園メトロ 台北満喫!連携きっぷ」を発売する。価格は1,500円。発売枚数は1,000部。先着500セットには50台湾ドルがチャージされた記念iPASS(台湾のICカード)が付属する。


日台連携きっぷ4.jpg
先着500セット限定の 記念ICカード(見本) 画像:阪神電気鉄道

これは関西地区のみで関西以外の鉄道では利用できないところが残念ですが、関空を利用する人にとっては利用する価値はあると思います。
詳しいことは『鉄道チャンネル』でご確認ください

日台連携きっぷ1.jpg
台湾の観光地のイラストなどがラッピングされた西武の列車

日台連携きっぷ2.jpg
南海特急ラピート号の色に塗装された台鉄急行

すでに西武電鉄や南海電鉄が、日本と台湾の観光地をイメージしたデザインをラッピングした車両を走らせたり、南海特急ラピートの青列車を台湾の車両にラッピングしたりして、提携を強めてきていますが、これからもどんどん発展してゆくでしょう。

鉄道ファンならずとも、台湾に行かれる方にとっては嬉しいことですね。

過去記事:「台湾藍武士號(青武士号)~南海ラピート号色の列車、台湾を走る!」もご覧ください!
世界最大級のホテル予約サイト~台北のホテルならあらゆるタイプが選べます