大変な事態の”春節”

中国では今年の春節は大変なことになっていますね。

連日の報道でもうご存知なので、詳しくは書きませんが、新型コロナウィルスによる感染が、どんどん広がっています。
今のところ、日本では大流行していないので、あまり神経質にならなくてもいいと思いますが、きのう『ついに日本人にも感染した』とのニュースが流れました。

武漢からの団体客のバスを運転していた60代の日本人が感染したとのニュースが流れて、ついに日本人にも感染したという事実に愕然としています。

下のニュース動画では武漢の病院の様子が放映されていました。


新型コロナウイルス 発症者16の国と地域でも 武漢から500万人超離脱

1100万人の大都市の半分の500万人が街から離脱した、だなんて信じられません。その人々は一体どこに行ったのでしょうか?
このため、他の地域に一気に広がるという事態にもなりかねません。

私個人の印象としては、中国の当局がこれほど警戒して大都会を封鎖するなんて、普通の事態ではないと感じています。数千人の患者くらいではないのでは・・・?何かもっと重大な事実を隠しているのでは?なんて邪推してしまいます。これくらいだとインフルエンザのほうがもっと感染力があるでしょうに、なぜここまで、パニック状態になり必死に対応しているのか、不思議でなりません。
    ******************


武漢封城前 近7成居民離城、7千多人來台灣

上の台湾の28日の報道では、武漢の様子を映していました。スーパーでの売り場はものが空っぽになっていて、マスクは奪い合いになっているとのことです。日本の報道では語られていない、本当の武漢の様子が良く分かります。

これによると、『武漢を封鎖する前に既に7割ほどの市民が避難していて、7千人以上が台湾を訪れている』とのことです。この状況は日本も同じです。もうすでに何万人も日本に観光に来ているので空港および観光地は今、最大の警戒をしています。

さて、私は今日の午後、台湾の友人が来日するので関空に車でお迎えに行きます。マスクはきちんとしていきたいと思っています。

追記:台湾の友人によると、台北ではほとんどの店のマスクが売り切れで、あったとしても一人何枚かの制限があると聞きました。そこでこちらでも買ってプレゼントしようと薬局やスーパーなどに行きましたが、かろうじておいている店は、人家族、団体、様2箱までとの制限がありました。驚きました。もうすでに日本からもマスクが無くなろうとしています!

新年快楽!!~台湾では明日は元旦!でも・・・

台湾のお正月は「春節」といって旧暦でお祝いをします。明日は旧歴の元旦です。台湾では今でも旧正月を祝います。

台湾過年報道5.jpg

今日24日は大晦日にあたり、会社も学校も23日から休みに入り、家族全員が揃って年跨ぎのごちそうを食べます。したがって大晦日の事を過年(コウニェン)とか跨年(クワーニエン)とか言います。

台湾過年報道2.jpg
2018年の台北101ビルのカウントダウン花火

一年で最も楽しい長期の休みが取れる、待ちに待った春節なのです。
でも今年は、そうではありません!なぜなら、今ニュースで盛んに報道されている「新型コロナウィルスによる肺炎」が中国武漢市で蔓延しているからです。

台湾過年報道1.jpg

上海の奥地にある大都市「武漢」が病気の発祥とされているのですが、もうすでに香港、台湾、日本、タイそしてアメリカまでにも病気が広まりつつあります。(世界中に華僑がいますから・・・)

日本でも連日報道していますが、中国に多くの会社、工場があり又、多くの台湾人が商売のため滞在していることから、台湾人が感染することになるかもしれません。

台湾過年報道4.jpg

下の台湾のニュースを見てください。武漢には台湾の商売人約2000人がお正月で帰郷するのに足止めを食らっている、との報道もありました。中華航空とマンダンリン航空も武漢から飛び立てないとのことも報道されていました。

台湾過年報道3.jpg

そして、恐ろしいことに・・・武漢から飛行機が飛ばないのなら、車で「長沙」まで行きそこから飛行機に乗る、ということも報道されていました。これだといくら「武漢市」が閉鎖されても、他の都市から帰国するのなら台湾も危険なことになってしまいますね。

まあ、とりこし苦労だといいのですが、今日台湾の友人から聞いた話では、台北の薬屋ではマスクが品不足で一人何枚のみという制限があるということです。この時期台湾に行かれる方は、日本で「微粒子ウィルスカット」の性能のいいものを買って行かれることをお勧めします。
   *********************

一日も早く感染も収まり正常に戻ることを祈っております!

本当は台湾のお正月気分が味わいたくて行きたかったのですが、今年は止めておきます。せめて、下の「洸美」さんがご紹介する春節の事を見てお正月気分に浸りたいと思います。

「▼洸美の台湾散歩 台湾でアイヤー!」のユーチューブ動画で詳しく紹介されていましたのでどうぞご覧ください!

台湾の年越し!過年?跨年?

↑台湾からお正月の面白い動画が送られてきました。
ダインロードしなくても▷をクリックすると見ることができます。

追記:肺炎のことニュースで盛ん報道されていますが、台湾の友人が言うには、今のところ普通とは変わらず街は賑わっているそうです。あまり神経質になる必要はないのですが手洗いとか、人混みでのマスク着用などしたほうが良いでしょう。

追記2:たった今、スマホに時事通信社からのニュースで、フィリピンに入国した中国武漢からの春節の観光客464人を強制的に送還したそうです。発熱や咳の症状のある人もいないという事でした。・・・・徹底していますねフィリピンは。それに比べて日本はどうなんでしょうか?こんなことは出来ないでしょうね。残念ながら・・・。

ますます便利!~新台北MRT環状線が開通試運転

1月19日に新北市の『新台北MRT環状線』の開通準備のため試運転、無料で周遊!というニュースが流れました。ますます台北が便利になりますね。

今日、新台北MRT環状線は無料で乗れるのです!新店から板橋まで新台北MRT環状線の第1段階、試乗車出来るのは朝10時から午後の4時までです。

台湾台北環状線4.jpg

新台北MRT環状線の第1段階は、新店の「大平林駅」から始まり、新荘の「新北工業団地駅」までで、全長は15.4キロメートル、14の駅と1つの車両工場です。地下1駅、高架駅13ヵ所、車両工場1ヵ所でほとんどが高架線になります。


八大民生新聞▼環狀線試車 新店-新莊省20分鐘

日本の東京山手線や大阪環状線を利用したことのある人は、ご存知でしょうが、環状線とつながることであらゆる場所への移動が便利になります。台北でも、相当便利になることは確かです。

台湾台北環状線1.jpg
『黄色の線』が環状線で将来は台北沿線をぐるっと一周します

「環狀線」串聯大台北8條捷運線

新台北市MRT環状線は、新店、中和、板橋、新荘などの新北市の主要行政区にまたがっています。14の駅と1つの工場があり複数のMRT線路網に接続しています。

台湾台北環状線3.jpg
とても派手な板橋駅の様子 (フランスの有名デザイナーの装飾だそうです)

環状線の第一段階では駅は全て新北市にあり、乗り換えのために台北市に入る必要はありません。今までは隣の行政区(例えば板橋区から中和区)に行くのには必ず台北駅まで行き、乗り換えなければなりませんでした。(完全に出来上がると、台北市にも乗り入れ、もっと便利になります)写真提供:新北市MRT局

台湾台北環状線5.jpg

台北MRT株式会社は料金を発表しました。5キロメートル以内の運賃は20元、31キロメートル以上の運賃は65元です。
開通式典は1月31日か2月1日で、式典から一か月間は無料期間を設けるとの発表もありました(台湾は本当に太っ腹なことをしますね!!)


【新北捷運局】《創意家行銷》中和、板橋、新店以及新莊的民眾有福了!三環三線空拍搶先看 2019年6月時点の空撮映像です

この空撮で分かるように、住宅やビルの密集地帯を縦断するようになるので、騒音対策には最大の工夫をして周辺住民の生活に影響を与えないように施工されています。また太陽光発電も利用しています。これらの点で台湾は世界有数の鉄道先進国と言えるでしょう。

私は台湾に行ってもほとんどが板橋、新荘、中和、永和、新店などの台北市以外の所ばかり行くので、本当に便利になります。ますます台湾に行くのが楽しみです!

追記:新駅、『幸福駅』はアニメ「幸福路のチー」で舞台となった幸福路にあります。また新荘区の『頭前庄』駅のすぐそばには「ユニクロ」と「イケヤ(ホームセンター&家具店)」がありますよ。ご参考まで
世界最大級のホテル予約サイト~台北のホテルならあらゆるタイプが選べます