巨星墜つ!台湾民主化の父・李登輝元総統 逝去

先ほど、台湾で臨時ニュースがあり「台湾の李登輝元総統」が 逝去されたことを知りました。

李登輝元総統逝去.jpg
台湾のテレビニュース
台湾李登輝元総統逝去.jpg

今年の2月8日に誤飲性肺炎で入院されていたことを知っていましたので、台湾の人々は心配していましたが、昨日、危篤に陥って、李総統の親族や、台湾の蔡英文総統、副総統、行政院長などが相次いで、面会に訪れたことが報道されていたので、この日が近いだろうと台湾の国民も覚悟していたことでしょう。


台湾の李登輝元総統 逝去のニュース

李登輝元総統の経歴:
(台北中央社)親日家として知られる李登輝元総統が30日夜、敗血症性ショックや多臓器不全のため台北市内の病院で死去した。97歳だった。日本統治時代の1923年に台北州淡水郡三芝庄(現在の新北市三芝区)に生まれた李氏。皇民化政策の一環として展開された改姓名運動に従い、岩里政男と日本名を名乗った。「22歳までは日本人だった」と公言するなど、日本とのゆかりは深い。
李登輝元総統.jpg
2005年関西空港にて
▽農業経済学者から政治家に転身
李氏は高校の時、台北の図書館で農業経済学者である新渡戸稲造の著書に出会ったのがきっかけで、農業経済学を学ぶようになる。後に武士道に心を打たれ1943年に京都帝国大に入学した。だが、学徒出陣のため1年余りで学業を切り上げ、志願で旧日本陸軍に入隊し、被爆地の整理、被災者の救済に当たった。現場を見て指揮する大切さを学んだという。戦後、故郷の台湾へ戻り、米国留学を経て台北市長、台湾省政府主席、副総統、総統を歴任。総統在任(1988~2000年)中、1949年に中華民国政府が台湾に移転してから一度も改選されることなく「万年国会」と揶揄(やゆ)された国民大会の代表の退職や総統の直接選挙の実施など、台湾の民主化に力を尽くした。その功績で「台湾の民主化の父」と呼ばれ、その政権運営は世界からも高く評価されている。


副総統を務めていた1988年、蒋経国総統の死去により台湾出身者として初めて総統に就任しました。

李登輝元総統3.jpg
2000年5月、台湾総統陳水扁氏(右)と李登輝前総統

しかし、その歩みは険しいもので、国民党内部の強烈な反発もあり、なかなか進まなかった民主化を命がけで成し遂げた、その手腕と豪胆な精神は超人的なものでした。

中国の歴史始まって以来の、民主選挙も実施し、その成果をもって憲法改正も行い、史上初の総統直接選挙(1996年)でも当選して続投を決め、2000年に退任するまで12年にわたり総統を務めたのです。

李登輝元総統2.jpg

現在の民主化された台湾の礎を築いた功績は非常に大きいものです。米ニューズウィーク誌から「ミスター・デモクラシー」と称されたほどです。

完全なる民主化に成功した台湾を見ながら亡くなった元総統は、まだ台湾の独立を目にしてないので心残りだったことでしょうが、彼の教え子である現在の蔡英文総統をはじめ多くの人材が育っているので、近いうちにその願いを叶えてくれることでしょう。

数ある、李登輝元総統逝去に関する解説で最も心に響いたのが、下記のものです。どうぞ最後までご覧ください。


中国から台湾を守った男李登輝総統逝去【及川幸久−BREAKING−】
   ******************

参考資料:台湾の放送局で放送された「李登輝-伝」
全編:中国語、台湾語のみですが詳しく描かれています、字幕がありますので中国語を学習されている方に見ていただきたく思い、掲載しました。私も知らないことが多くありました。

【台灣演義】李登輝傳 | Taiwan History 2020/07/29



[広告]最新刊「李登輝秘録」単行本
正々堂々、中国共産党と渡り合った男
著:河崎眞澄( 産経新聞出版)

「半沢直樹」で台湾の国旗消える?!

2013年に大フィーバーした「半沢直樹」がまた戻ってきました。

前回は人気はものすごく、テレビでも放映されて主人公が発する「やられたら,やり返す。”倍返しだ!”」という言葉が大流行したほどです。

半沢直樹第2シリーズ.jpg

台湾でも名セリフの「倍返し」を中国語に翻訳した「加倍奉還」は流行語にもなったほどです。続編の正規放送はまだ始まって間がないものの、既に大きな話題を集めています。

どんなドラマかというと、極端に言えば・・・大企業内で渦巻く、派閥、利権の争い、出世欲、恨み妬みなどの人間関係の、最も醜い場面を強調した、胸糞の悪くなるドラマです。正直言って、こんな気分の悪くなるドラマ、見たくもないのですが、そんな中でも健気に咲く、真人間「半沢直樹」の活躍がとても清々しいのです。

こんな彼が人間の皮をかぶった妖怪どもをバッタバッタとやっつけてゆくところが大人気の所以でしょう。

台湾半沢直樹3.jpg
2013年時の台湾での広告ポスター

2013年に放送された前シリーズは台湾でも大きな注目を浴び、高視聴率を記録しました。



今回の第2シリーズでも大きな期待をもっている台湾のファンから、こんな声が届きました。予告編の冒頭の半沢直樹の証券会社内の場面でオフィスの壁面に設置された電光掲示板に世界地図が表示されますが、その地図の中で「台湾」の文字と中華民国国旗がはっきりと映し出されているです。

これを見た台湾のファンが、ネット上で取り上げ話題となっていました。ほんの数秒ですが台湾人にとっては嬉しく、誇らしい気持ちになったのでしょう。

半沢直樹 第2シリーズ.jpg
台湾と香港の国旗がはっきりと・・(今後この背景は消えるのでしょうか?)

ところが・・・
あの中国は黙っていません。TBSへ何らかの苦情を言ったのでしょうか、それともTBSが自主的に忖度したのでしょうか、第1話の再放送ではその場面が消えていたというのです。

そのことが台湾のニュースで下記のように話題になっていました。
(台北中央社)日本で26日に再放送されたTBS日曜劇場「半沢直樹」の続編第1話で、世界地図が映し出される場面で本放送時には表示されていた各国・地域の旗が、再放送では消えていることが分かった。地図上で「台湾」の文字と中華民国国旗が並べて表示されており、中国のネットユーザーから不満の声が出ていた。台湾のネットユーザーは旗の表示が消えたことについて、物議を避けるためではないかとの見方を示している。
台湾半沢直樹5.jpg
物議を醸したのは、堺雅人演じる主人公、半沢直樹が働くオフィスの壁面に設置された電光掲示板。世界23カ国・地域の株価騰落率を示す世界地図が表示され、国・地域の一つとして「台湾」の文字と中華民国国旗が複数回映し出された。
このシーンに対し、中国のネットユーザーから不満の声が噴出。「中国は少しも欠けてはならない」と怒りの声も上がった。これを受け、同ドラマを配信する中国の動画サービス「人人視頻」は、同ドラマの前シリーズと今作の配信を全て停止した。
こういう事態が起こったので26日午後にTBSで放送された「第一話完全プレイバック」では、電光掲示板の世界地図から全ての国・地域の旗の表示が消された。


以上のような記事がありましたが、なぜTBSは中国のクレームを退けなかったのでしょうか?情けないことです。

ドラマの内容や、背景まで”いちゃもん”をつけてくる中国などには配信しなけりゃいいんじゃないでしょうか。本当に腹立たしい記事ではありました。

台湾半沢直樹4.jpg
第2シリーズのポスター 憎々しい悪役の揃い踏みです!

前作に増して、悪役が充実しているので、その内容は濃いものですが、それにしても銀行という大企業は、まっとうな企業だと思っていたのに実はヤクザ以下の”あくどい”集団だったというのが良く分かるドラマでしたね。

あんな会社で、よく我慢して働けるものです。パワハラ、セクハラ、いびり、いじめ、陰謀、裏切り…何でもありのすさまじい悪の巣窟、それが”銀行”だったという事が良く分かりました。

人間性など全くない、金の亡者の巣窟。そんな中に突撃してゆく「半沢直樹」。だからドラマが面白いのですね。
昔の「東映映画 唐獅子牡丹シリーズ」の高倉健や菅原文太の映画を思い出しました。耐えに耐えていた「高倉健」が最後にはワルをばったばったとやっつけてゆく、あの爽快さを思い出しました。

唐獅子牡丹高倉健.jpg

まあ、悪役は徹底的に、”ワル”に徹してもらって最後にぎゃふんと言わせる、・・・そんな場面を心待ちにしたいと思います。

ところで、銀行、証券会社など大げさに脚色してあると思いたいですが、あんな銀行なら利用したくない!と心から思ったのは私だけでしょうか?

台湾半沢直樹.jpg
2013年 台湾の放送局前で写真を撮りました。

過去記事:「”倍返し”(加倍奉還)の「半沢直樹」が帰ってくる!」もご覧ください!

「台湾」旅券と中華航空の改名か?

台湾関係のニュースを見ていると、下記のような記事がありました。

(台北中央社)立法院(国会)は22日、チャイナエアライン(中華航空)の改名と台湾のパスポートの認知度向上を政府に求める議決を全会一致で可決した。いずれも中国と混同されないのが狙いとみられる
提案した与党・民進党の議員団によると、チャイナエアラインが、海外で中国の航空会社「エアチャイナ(中国国際航空)」と間違えられることが多いという。議員団は、同社の国際的な認知度を高め、台湾の国益を守るため、飛行機の塗装や英語社名などの変更を盛り込む実施計画の策定・提出を交通部(交通省)に要請した。
台湾査証.jpg

一方、正式国名の「中華民国」や「REPUBLIC OF CHINA」などが印字されたパスポートに関しては、民進党・陳水扁政権下の2003年から「TAIWAN」も加えられるようになったが、新型コロナウイルスが世界的に流行して以来、多くの台湾人が外国の空港などでパスポートの「CHINA」の文字で中国人と誤認されたと指摘。こういった状況を回避し、国民の尊厳を保つため、台湾のパスポートの認知度向上に向けた具体策をまとめるよう行政機関に呼び掛けた。


確かに、チャイナという名称がついている限り、事情の知らない人や外国では「中国」の飛行機だと思うでしょうね。

チャイナエアライン.jpg

今回、新型コロナのため、台湾は世界中の困っている国に対して援助を行っていますが、中華航空(チャイナ・エアーライン)の飛行機が援助物質を運んで来たら、最も危険な「中国本土」から持ってきたんだろうと誤解されるという事があったそうです。

また、外国に入国の時点で、入国検査官に中華民国(REPUBLIC OF CHINA)のパスポートを見せると、漢字の知らない検査官や人間なら、きっとチャイナ、中国人だろうと思うでしょうね。

この度は、世界中でこのような誤解によって事情の知らない外国人からの嫌がらせなどの、台湾人への偏見が多発したそうです。

世界中に病毒の恐怖と一党独裁の強権を振り回している中国と同じ国だと思われないようにするのは当たり前でしょう。今回のコロナ疫病の対策で世界中に名を上げた「台湾TAIWAN」は今や、世界が認める立派な「TAIWANブランド」です。

今の時点で国の名称を変えるというのは「中国」の武力行使に大義名分を与えるだけなので、せめて航空会社名だけでも早く変更してもらいたいものです。

そして、来年の東京オリンピックには昔のように「TAIWAN」のプラカードの下、堂々と入場行進することを願っています。

東京オリンピック 台湾選手団.jpg
1964年10月10日 中華民国Taiwanの選手団の入場
世界最大級のホテル予約サイト~台北のホテルならあらゆるタイプが選べます