銅鑼~映画のロケ地を訪ねる~冬冬(トントン)の夏休み

侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督の初期の愛すべき秀作です。

1983年に朱天文の子供時代をモデルに原作、脚色された作品でした。台湾中部にある苗栗県の銅鑼(トンロー)という町が舞台になっています。

冬冬的假期.jpg

映画のあらすじは・・・台北の小学校を卒業したトントンは妹のティンティンと二人、夏休みを田舎で開業医をしている祖父の家ですごすことになります。母が入院し、父は看病でつきっきりだからです(「となりのトトロ」にも似た設定ですね)。

母方の叔父に付き添われ、台湾中部の銅鑼駅までいくはずが、恋人と同行の叔父は無責任にも彼女の実家にある途中の駅で彼女を見送っているうち列車に乗り遅れ、二人は寂しく目的地、銅鑼駅に着きます。

冬冬の夏休み3.jpg
*映画の一場面 銅鑼駅に着いたふたり

しかし、駅前で遊ぶ子供たちとすぐにうちとけ、車で追いついた叔父と、診療所となっている祖父の邸へ……。

冬冬の夏休み1.jpg
*映画の一場面 診療所前

こうして田舎での休暇が始まるのです。原作、脚本の朱天文女史の幼年時代に基づく、ただ郷愁を誘うとか、懐かしさに溢れるとだけ書くのではすまされぬ心温まる秀作でした。

*ホウ・シャオシェン監督作/映画『冬冬の夏休み』『恋恋風塵』予告編


私は83年の映画「坊やの大きな人形」と、この作品が侯孝賢作品の中で最も好きです。ただ子供時代の懐かしさを描くのではなく、ひと夏の経験で幼い兄妹の心の成長が描かれています。

冬冬の夏休み2.jpg
*映画の一場面

また次々と登場する逸話は微笑みを誘い、ひと昔前の日本にも似た自然や風景は陽光と郷愁をたたえています。

冬冬の夏休み4.jpg
*映画の一場面

楽しげな子どもたちの川遊び、木登りなどのたわいもない子供映画を観るように和やかな視線を送っていたわれわれも、白痴の娘の登場や強盗犯を目撃したりする場面から、思いがけない作品の深みも知ることになるのです。

冬冬の夏休み5.jpg
*映画の一場面

ロケは朱天文の祖父の診療所が使用されたということです。
写真は、その舞台となった診療所跡です。典型的な日本統治時代の建物で、われわれ日本人にも懐かしい建物でした。今では廃院になっており、将来記念館として残すということが書かれていました。

台湾冬冬の夏休みロケ地2.jpg
*私が撮った診療所あと(銅鑼駅から歩いて5分ほどの近い場所にありました)

立ち入り禁止ということだったので外観だけを撮りましたが、眺めていると中からいたずらもののトントンと妹のティンティンが飛び出してくるような気がしたものです。

苗栗県の銅鑼.jpg
*現代もまだ田舎の風景が残っていました

映画が出来て数十年たっているので、町の様子がすっかり変わっていて、昔の面影を探すのにも苦労しましたが、幸いトントンのお祖父さんの診療所と駅前広場の様子は映画と変わっていませんでした。

台湾冬冬の夏休みロケ地3.jpg
*現代の銅鑼駅


*映画の冒頭の場面 冬冬の卒業した台北市内の小学校の式典の模様です
いまや日本ではすたれつつある「仰げば尊し」が歌われています。

この映画に出てくる子供たちは演技をしている風には見えず、全く自然体なのが魅力的です。周りの大人たちの子供を見る目も厳しい中にも優しさがあり、何度見ても新しい発見のある素晴らしい映画だと思います。

私はこの映画が好きすぎて、何回見たか分からないほどです!

この記事へのコメント

  • もど吉

    はじめまして

    台湾だい好き、かつこの映画も大好きです。
    それこそ、何度も見ました。苗栗は何度も訪れております。

    そのほかの記事も読ませて頂き、またコメントさせてください。
    2020年04月27日 12:38
  • ナビゲータ

    コメントありがとうございます。台湾の映画いいですね。素朴で人情があって。台湾の人々そのものです。私は侯孝賢の初期の作品が好きでDVDを買って何度も何度も見ています。KANOと海角七号も良かったです。
    苗栗県の三義というところは今頃「5月雪」と言われる油桐の花が満開だと思います。コロナがなければ行っていたのに残念です。
    2020年04月27日 18:28
  • 山田みどり

    私もこの作品が大好きで、何度も見返しています。観れば観るほど良いですね。田舎の情景、自分自身が(最近熊が生け捕りされた程の)田舎に住んでいながら、懐かしいものを感じます。今住んでいるところへの追憶ですかね。そして、母親の重体を案じる重苦しい夜が明け、清清しい朝が来た光景は、説明無しに、ああ母親は大丈夫だったのだと分かりました。また、妹のティンティンの可愛らしいことと言ったら。特に演技指導しなくても自然な演技を引き出せる侯孝賢監督はやはり天才です。寒子がティンティンを列車から救い出す場面、アクションですね。監督はただ叙情的に映画を撮るだけでなく、アクションも何気に淡々と撮れる人。皆さん、小津作品と比べるけど、私は少し違うかな…などと思います。
    2020年08月04日 16:07
  • ナビゲータ

    山田みどりさん

    侯孝賢監督への愛のあふれたコメントありがとうございます。
    すごい所にお住まいですね。冬冬の映画では台湾の田舎が舞台ですが、監督自身都会生まれではと思わせる独特の雰囲気が、作品に現れているように思いました。

    また小津作品との関連、よく聞きますが私も全く違うと思います。子供、少年少女や青年が主人公の作品が多く、より活動的です。ただ小津作品と共通するのは、一般庶民の生活を淡々と描く部分と、ローアングルで撮影する部分がよく似ているのかも知れません。

    アクションのこともおっしゃっておられましたが、監督自身述懐していましたが、若いころはいわゆる不良で日本映画(石原裕次郎、小林旭などや任侠映画)を見て大いに影響されたそうです。だからアクション映画への願望は人一倍あったのでしょうね。

    台湾映画はもっともっと素晴らしい作品がたくさんあります。どうぞ時間のゆるす限りご鑑賞ください。

    2020年08月05日 20:11
世界最大級のホテル予約サイト~台北のホテルならあらゆるタイプが選べます