NHKが台湾のコロナ対策成功の秘訣を放送!

昨日、午後11時から「NHK・ETV特集」番組で「パンデミックが変える世界 〜台湾・新型コロナ封じ込め成功への17年〜」を放送しました。

NHK特集 台湾.jpg
番組の内容は:
「パンデミックが変える世界 〜台湾・新型コロナ封じ込め成功への17年〜」新型コロナウイルス第1波で先進各国が苦境に陥る中、発生源に近い場所にありながら迅速な水際対策やIT技術で封じ込めに成功した台湾。その成功を支えたのは17年前のSARSの時の失敗とその反省にたった大変革だった。検疫・監視・医療など台湾のさまざまな現場の人たちにインタビュー。台湾の17年の歩みを検証しながら第2波が起こると予測される今後に備え残された時間で我々は何をすべきかを考える。
NHK特集 台湾1.jpg
【出演】台湾・前副総統…陳建仁,台湾・衛生福利部長…陳時中,台湾大学副学長…張上淳,台湾・デジタル担当行政院政務委員…唐鳳,台湾・情報通信安全局局長…簡宏偉,台湾・中央感染症指揮センター…羅一鈞,台湾・和平病院元院長…キョダイセイ,キャスター道傳愛子


私のブログでは以前からお伝えしていた事例ばかりでしたが、驚いたのは、あの中国に忖度して台湾の報道を極力控えてきたNHKが台湾のコロナ対策の成功例を1時間にもわたって放送したという事実です。

台湾新型コロナ肺炎対策.jpg
不眠不休で対策に当たった衛生福利部長…陳時中氏

17年前SARS発生の時、WHOからの情報が得られず、多くの犠牲者を出した台湾は二度とあのような事態に陥らないように、着々と準備をしてきたのです。その結果、今回の成功があるのです。
番組の中で台北の病院の院内感染の恐怖のため自殺者まで出したという事を知り、いかにあの時台湾全土がパニックに陥ったかが理解できました。

台湾防疫対策10.jpg

番組の最も重要な部分は、民主主義における政府と国民の信頼をいかに構築するかという事にありました。国内、海外からのデマ情報をいかに排除してあらゆる情報を国民に開示して、疑問点は徹底的に議論して国民に納得してもらいながら、規制をしてゆくことの難しさが番組からうかがい知れました。

番組を見ていて、台湾国民ががこれほどまで「民主主義」を大事に育て、また国民が政府をいかに信頼しているかが良く分り感動してしまいました。

世界最長期間(1947年~1987年)の戒厳令を敷かれて「言論の自由」が長く阻害されていた国民が、よくぞここまで成長したかと思うと涙が出るほどうれしく思いました。(なんか上から目線のコメントのように見えますが、そんなことはありません。心から台湾の民度の高さに敬服しているのです)

台湾双十節3.jpg
2019年10月10日 台湾双十節、総統府まえ

多くの日本人は「台湾は後進国だ」なんて思いこんでいるかと思いますが、今や世界でもトップクラスの「政治先進国」なのです。
国民の政治への関心は高く、教育水準、衛生観念、工業技術、経済も先進技術に優れ世界でもすでにトップクラスにあります。

最後に台湾のテレビ局で放送された「武漢肺炎 防疫全紀錄(コロナ対策のドキュメント)」をご覧ください!中国語のみなので難しい部分はあると思いますが、字幕の漢字を見てなんとか理解してみてください。

【台灣演義】

台灣武漢肺炎 防疫全紀錄2020年5月24日 48分(台湾の新型コロナウィルスの防疫全記録)

日本も台湾のように感染者「ゼロ」になり、一日も早く以前のように台湾を訪れることが出来ますように心から祈っています!

追記:NHK特集を見逃した方に朗報!:本日21日(日)午後2時半からNHK、Eテレ(教育テレビ)「パンデミックが変える世界 〜台湾・新型コロナ封じ込め成功への17年〜」が再放送されます。(関西地方のみかも知れませんが)

「参考書籍」
 

この記事へのコメント

世界最大級のホテル予約サイト~台北のホテルならあらゆるタイプが選べます