「半沢直樹」で台湾の国旗消える?!

2013年に大フィーバーした「半沢直樹」がまた戻ってきました。

前回は人気はものすごく、テレビでも放映されて主人公が発する「やられたら,やり返す。”倍返しだ!”」という言葉が大流行したほどです。

半沢直樹第2シリーズ.jpg

台湾でも名セリフの「倍返し」を中国語に翻訳した「加倍奉還」は流行語にもなったほどです。続編の正規放送はまだ始まって間がないものの、既に大きな話題を集めています。

どんなドラマかというと、極端に言えば・・・大企業内で渦巻く、派閥、利権の争い、出世欲、恨み妬みなどの人間関係の、最も醜い場面を強調した、胸糞の悪くなるドラマです。正直言って、こんな気分の悪くなるドラマ、見たくもないのですが、そんな中でも健気に咲く、真人間「半沢直樹」の活躍がとても清々しいのです。

こんな彼が人間の皮をかぶった妖怪どもをバッタバッタとやっつけてゆくところが大人気の所以でしょう。

台湾半沢直樹3.jpg
2013年時の台湾での広告ポスター

2013年に放送された前シリーズは台湾でも大きな注目を浴び、高視聴率を記録しました。



今回の第2シリーズでも大きな期待をもっている台湾のファンから、こんな声が届きました。予告編の冒頭の半沢直樹の証券会社内の場面でオフィスの壁面に設置された電光掲示板に世界地図が表示されますが、その地図の中で「台湾」の文字と中華民国国旗がはっきりと映し出されているです。

これを見た台湾のファンが、ネット上で取り上げ話題となっていました。ほんの数秒ですが台湾人にとっては嬉しく、誇らしい気持ちになったのでしょう。

半沢直樹 第2シリーズ.jpg
台湾と香港の国旗がはっきりと・・(今後この背景は消えるのでしょうか?)

ところが・・・
あの中国は黙っていません。TBSへ何らかの苦情を言ったのでしょうか、それともTBSが自主的に忖度したのでしょうか、第1話の再放送ではその場面が消えていたというのです。

そのことが台湾のニュースで下記のように話題になっていました。
(台北中央社)日本で26日に再放送されたTBS日曜劇場「半沢直樹」の続編第1話で、世界地図が映し出される場面で本放送時には表示されていた各国・地域の旗が、再放送では消えていることが分かった。地図上で「台湾」の文字と中華民国国旗が並べて表示されており、中国のネットユーザーから不満の声が出ていた。台湾のネットユーザーは旗の表示が消えたことについて、物議を避けるためではないかとの見方を示している。
台湾半沢直樹5.jpg
物議を醸したのは、堺雅人演じる主人公、半沢直樹が働くオフィスの壁面に設置された電光掲示板。世界23カ国・地域の株価騰落率を示す世界地図が表示され、国・地域の一つとして「台湾」の文字と中華民国国旗が複数回映し出された。
このシーンに対し、中国のネットユーザーから不満の声が噴出。「中国は少しも欠けてはならない」と怒りの声も上がった。これを受け、同ドラマを配信する中国の動画サービス「人人視頻」は、同ドラマの前シリーズと今作の配信を全て停止した。
こういう事態が起こったので26日午後にTBSで放送された「第一話完全プレイバック」では、電光掲示板の世界地図から全ての国・地域の旗の表示が消された。


以上のような記事がありましたが、なぜTBSは中国のクレームを退けなかったのでしょうか?情けないことです。

ドラマの内容や、背景まで”いちゃもん”をつけてくる中国などには配信しなけりゃいいんじゃないでしょうか。本当に腹立たしい記事ではありました。

台湾半沢直樹4.jpg
第2シリーズのポスター 憎々しい悪役の揃い踏みです!

前作に増して、悪役が充実しているので、その内容は濃いものですが、それにしても銀行という大企業は、まっとうな企業だと思っていたのに実はヤクザ以下の”あくどい”集団だったというのが良く分かるドラマでしたね。

あんな会社で、よく我慢して働けるものです。パワハラ、セクハラ、いびり、いじめ、陰謀、裏切り…何でもありのすさまじい悪の巣窟、それが”銀行”だったという事が良く分かりました。

人間性など全くない、金の亡者の巣窟。そんな中に突撃してゆく「半沢直樹」。だからドラマが面白いのですね。
昔の「東映映画 唐獅子牡丹シリーズ」の高倉健や菅原文太の映画を思い出しました。耐えに耐えていた「高倉健」が最後にはワルをばったばったとやっつけてゆく、あの爽快さを思い出しました。

唐獅子牡丹高倉健.jpg

まあ、悪役は徹底的に、”ワル”に徹してもらって最後にぎゃふんと言わせる、・・・そんな場面を心待ちにしたいと思います。

ところで、銀行、証券会社など大げさに脚色してあると思いたいですが、あんな銀行なら利用したくない!と心から思ったのは私だけでしょうか?

台湾半沢直樹.jpg
2013年 台湾の放送局前で写真を撮りました。

過去記事:「”倍返し”(加倍奉還)の「半沢直樹」が帰ってくる!」もご覧ください!

この記事へのコメント

世界最大級のホテル予約サイト~台北のホテルならあらゆるタイプが選べます