オリンピックに”TAIWAN”のプラカードで入場した中華民国選手団

2020年8月24日 本当ならこの日は東京オリンピック開会の日です。
しかしながら、あの憎い「武漢ウィルス(別名:新型コロナウィルス)」のために来年に延期になってしまいました。本当に悔しいです!

前回の東京オリンピックは実際に観戦することは出来ませんでしたが、今年こそは東京に行って観戦しようと思っていたのに残念です。親戚や友人が東京に住んでいるので、オリンピック時には招待されていたからです。(マラソン、競歩などは街道から見ることは出来るでしょう)


1964東京五輪 開会式 君が代~選手団入場~天皇陛下開会宣言~聖火入場・点火~選手宣誓~
(聖火点火の部分は著作権の関係でカットされています)

前回の東京オリンピックは私にとっては忘れられない思い出がたくさんあります。
日本ではじめて開催されたオリンピックは最も多感な子供時代に見た、日本の晴れ姿「東京オリンピック」は心身ともに大きな影響を与えてくれました。
1940年戦争の為中止になった東京オリンピックが敗戦という大きな痛手を負って、再びまた64年に開催されるなんて誰が予想したでしょうか?

東京オリンピック6.jpg

悲惨な状況を目の当たりにして過ごしてきた、私たちの親の世代はそれこそ待ち焦がれていた日本の誇らしい晴れ姿でもあったのでしょう。その熱気は町を歩いていてもテレビを見ていても、痛いほど感じました。

東京オリンピック5.jpg

大げさではなく当時発展途上国から先進国への道を歩んでいた日本の記念すべき一大イベントでした。
その国をあげての熱気は、私たち戦争を知らない世代の子供たちにも伝わってきました。学校でも家庭でもどこでも「オリンピック」の話題で持ちきりでした。

東京オリンピック3.jpg

特に印象に残っているのは、選手宣誓をした小野喬選手が痛め止めの注射を打って鉄棒で優勝した姿や、東京大会初の金メダルをとった重量挙げの三宅選手の勇姿は忘れることが出来ません。

体操個人総合優勝の遠藤幸雄、跳馬の山下、吊り輪の早田選手なども印象に残っています。その他陸上の、依田郁子、水泳の木原美智子選手などメダルが期待されていたのに果たせなく悔し涙を流していた姿も思い出します。

東京オリンピック4.jpg

そして、最も感動したのは「東洋の魔女」たちが宿敵ソビエトをくだした女子バレーボールの試合ではなかったでしょうか。当時国民の90パーセント以上の人がテレビで観戦していたというくらいの大事件でした。

東京オリンピック1.jpg
今でもその時の状況を思い出して、涙が出るくらいです。
東京オリンピック2.jpg

表彰式での涙の国旗掲揚と君が代の演奏は、これほど日本人に生まれてよかったと思ったことはないくらいの感動でした。テレビの画面いっぱいに写った日の丸の誇らしさは一生忘れないでしょう。
家のテレビは白黒の画面でしたが、心の中では白地に赤い日の丸が翻っていました。子供の私でもこれほど感激したのです。つらい戦争を経験してきた先輩たちの感激は想像できないほど大きかったことでしょう。まさに「東京オリンピック」はいまだに人々の心の中に深く残っていることでしょう。

    ***********************

【東京オリンピックに”TAIWAN”のプラカードで入場した選手団】
東京オリンピック 台湾選手団.jpg

下の映像を見ていたら、16分40秒あたりで中華民国選手団が登場しますが、なんとプラカードには”TAIWAN”と書かれているではありませんか。この頃は国民党独裁で台湾には言論の自由がなかったのに、堂々と「台湾」のプラカードのもとに行進しているのです。選手だけでなく、これを見ていた台湾の人々の喜びといったら、今の台湾人には分からないほどの感動だったことでしょう。


Tokyo 1964 Olympic Games - Olympic Flame & Opening Ceremony
10分30秒:君が代斉唱 11分30秒:選手入場 16分40秒:台湾(中華民国)選手団 18分10秒:日本選手団入場 21分40:聖火入場 

オリンピック協会公認の映像だと思われます(すべて英語) とにかく感動的な映像が続きます。
この映像を見ていて台湾(TAIWAN)というプラカードで入場行進した中華民国選手団には驚きました。今では「チャイニーズ・タイペイ」という屈辱的な国家名でしか参加できないのに、TAIWANという誇らしい国名と堂々とした選手団の姿に感動しました。

東京オリンピック 台湾選手団1.jpg

当時は子供で国際情勢など知るわけはなく、中華民国、台湾のことなど全く知りませんでしたが、後に、台湾で働き旅行もたびたびすることになって「台湾」には思い入れがあって、第2の故郷だと思っているほどです。なんとしても来年の東京オリンピックには以前のように「TAIWAN」の国名で参加して欲しいと思っています!


作曲:古関裕而 指揮:手塚幸紀 演奏:東京佼成ウィンドオーケストラ

日本の”マーチ王”古関裕而 作曲の「東京オリンピックマーチ」です

この記事へのコメント

世界最大級のホテル予約サイト~台北のホテルならあらゆるタイプが選べます