「台湾」旅券と中華航空の改名か?

台湾関係のニュースを見ていると、下記のような記事がありました。

(台北中央社)立法院(国会)は22日、チャイナエアライン(中華航空)の改名と台湾のパスポートの認知度向上を政府に求める議決を全会一致で可決した。いずれも中国と混同されないのが狙いとみられる
提案した与党・民進党の議員団によると、チャイナエアラインが、海外で中国の航空会社「エアチャイナ(中国国際航空)」と間違えられることが多いという。議員団は、同社の国際的な認知度を高め、台湾の国益を守るため、飛行機の塗装や英語社名などの変更を盛り込む実施計画の策定・提出を交通部(交通省)に要請した。
台湾査証.jpg

一方、正式国名の「中華民国」や「REPUBLIC OF CHINA」などが印字されたパスポートに関しては、民進党・陳水扁政権下の2003年から「TAIWAN」も加えられるようになったが、新型コロナウイルスが世界的に流行して以来、多くの台湾人が外国の空港などでパスポートの「CHINA」の文字で中国人と誤認されたと指摘。こういった状況を回避し、国民の尊厳を保つため、台湾のパスポートの認知度向上に向けた具体策をまとめるよう行政機関に呼び掛けた。


確かに、チャイナという名称がついている限り、事情の知らない人や外国では「中国」の飛行機だと思うでしょうね。

チャイナエアライン.jpg

今回、新型コロナのため、台湾は世界中の困っている国に対して援助を行っていますが、中華航空(チャイナ・エアーライン)の飛行機が援助物質を運んで来たら、最も危険な「中国本土」から持ってきたんだろうと誤解されるという事があったそうです。

また、外国に入国の時点で、入国検査官に中華民国(REPUBLIC OF CHINA)のパスポートを見せると、漢字の知らない検査官や人間なら、きっとチャイナ、中国人だろうと思うでしょうね。

この度は、世界中でこのような誤解によって事情の知らない外国人からの嫌がらせなどの、台湾人への偏見が多発したそうです。

世界中に病毒の恐怖と一党独裁の強権を振り回している中国と同じ国だと思われないようにするのは当たり前でしょう。今回のコロナ疫病の対策で世界中に名を上げた「台湾TAIWAN」は今や、世界が認める立派な「TAIWANブランド」です。

今の時点で国の名称を変えるというのは「中国」の武力行使に大義名分を与えるだけなので、せめて航空会社名だけでも早く変更してもらいたいものです。

そして、来年の東京オリンピックには昔のように「TAIWAN」のプラカードの下、堂々と入場行進することを願っています。

東京オリンピック 台湾選手団.jpg
1964年10月10日 中華民国Taiwanの選手団の入場

この記事へのコメント

世界最大級のホテル予約サイト~台北のホテルならあらゆるタイプが選べます