台湾で出会ったミニソウ?メイソウどっちが正解?

新北市板橋の地下街に確か「ダイソー」があったのでちょっと買い物をしようと立ち寄ったら、あれれ?ありません!

おかしいな、と思って角を曲がったらそこに「miniso」という看板がありました。一見「ユニクロ」の看板と見間違えるほどよく似たロゴで、ユニクロの姉妹店だと思ったほどです。

台湾名創4.jpg

一見すると、ユニクロ?かと思いましたが、よく見ると、なんだかダイソー?みたいで、しかも、ちょっと無印良品みたいな要素もありで、でも店名はメイソウMINISO。

一瞬目を疑いました。私は「ミニソウ」と書いてあるのでてっきり「ダイソー」のミニ版だと思ったのです。

台湾名創7.jpg

でも、びっくりしたことに、その隣にはちゃんと「ダイソー」が移転してありました。もとにあった場所にはダイソーのコピー店が開店しているなんてびっくりしてしまいました。

台湾名創8.jpg

店員さんにこのことを聞いてみたら、日本とは関係のない会社だということですが、それならなぜ「看板にメイソウと書かれているのか不思議ですね。ロゴの下には英語で「JAPANESE DESIGNER BRAND 」と明記してあるのに関係ないとは怪しいと直感しました。

MINISO名創は、チーフデザイナーである日本人デザイナー三宅順也と中国の若手企業家葉国富により東京で設立され、2013年9月に中国市場に進出し、急速な成長を遂げた。とありますが日本では見たことがありません、台湾へは2016年に進出しているそうです。

台湾名創6.jpg

さすが中国資本の入っている会社です。ダイソー、ユニクロ、無印良品、の3社をコピーして合併したような店でした。名前もコピーっぽくて大いに怪しい店ですが、中に入って商品を見てみると、結構いい品物が沢山ありました。


台湾名創9.jpg

値段も手頃で、これなら世界中で人気が出るだろうなと思わずにはいられません。

台湾名創10.jpg

印象として、商品のラインナップはダイソーよりも無印良品のほうが近いと思います。また、ダイソーのように値段は均一ではありません。
洋服はまだ扱っていないので、ユニクロのイメージだけをコピーしたのでしょうね。

台湾名創12.jpg

私は、イヤーフォンを一つ買いました。199元(800円)です。ちょうど線が切れて音楽が聴けなくなっていたからです。

思ったよりいい製品でしたが、私はふと、無印良品が中国でのパクリ会社に提訴され一審敗訴 「本物が偽物に負けた」と報道されたのを思い出しましたが、この会社は3社から訴えられないのでしょうかね。

この会社が今後どのような商品を開発して、日本の3大会社を敵に回して発展してゆくのか、ちょっと見ものだな!と思った次第です。


五大唱片(台北駅前店)で念願のCDを手に入れました!

今回、台湾で欲しかったCDをやっと手に入れました。

一年ほど前、台北駅の前にある「五大唱片」というCDとDVDの店に行った時、偶然見つけたクラシックCD(14枚組)を買おうか買わまいか迷ったとき、「荷物になるし、こんなCD日本のタワーレコードのネットで買えばいいや」と思い、買わずに帰国したのです。

五大CDショップ西門店.jpg
*五大唱片 西門店

ところが、帰国してネットで調べたら絶盤になっていて、どこにも売っていません。ーーしまった!あの時買っておいたらよかったーー。と思いましたが、後の祭りです。

台湾台北駅.jpg
*台北駅前通り

その後何回か台湾に行きましたが、なかなか買いに行く時間が取れなくて、今回(3月中旬)に行った時に、まだ残っていたら絶対に買おうと、意を決めて、以前見つけていた五大唱片 台北駅前許昌店を訪れたのです。

台湾CD店7.jpg
*入り口が狭くて探せなかったはずです、朝10時半開店だったのでまだ空いていませんでした。

ところがお店が・・・確かこのあたりだったのでは・・・と、うろうろしましたがなかなか見つかりません。台湾は商売がうまくいかなったらすぐに店を閉めて、新しい店がどんどんできるので半年もたつと、お店が変わっていることが良くあるのです。

台湾CD店8.jpg

この台北駅前、三越デパート裏の通りも、だいぶお店が変わっていました。ダイソーやスターバックスの店も出来ていて、知っていたお店がだいぶなくなっていました。もしやCD店も閉店したのでは?と心配しましたが、やっと狭い2階に上がる階段を見つけました。

台湾CD店1.jpg

中に入ると、以前とちょっとレイアウトが変わっていましたが、私が欲しかったCDはちゃんと棚にありました。
マックス・ゴーバーマン指揮ハイドン交響曲集全14枚組ウィーン国立歌劇場管弦楽団の希少盤CDです。1080元でした。ついでに買った、もう一枚はレナード・スラットキン指揮フィルハーモニア管、ハイドン:ロンドン交響曲集4枚組。478元でした。

台湾で買ったDVD,CD4.jpg

本当に嬉しかったです。お目当てのCDが手に入ったので。

今度は日本に帰ってから見る、台湾の映画のDVDを探しました。私は台湾の侯孝賢、李安監督の作品が大好きで、漢字字幕の映画を買って、中国語の勉強を兼ねながら台湾映画を楽しんでいます。

台湾で買ったDVD,CD3.jpg

上は今回、買って帰った映画DVDです。なお映画はリージョン3の台湾仕様なので日本の再生機では見られないので、私はリージョンフリーのDVD再生機も買いました。

台湾CD店6.jpg
*これは五大唱片ショップではありません、「買1送1」とは1枚買えば1枚サービスというセールのポップです。

台湾CD店4.jpg
*クラシックCDも結構ありました

毎回、どこかのCD店を訪れるのですが、どこともお客が少なく、CDも少なくなって、しまいには閉店するところが増えました。台湾の歌、映画が大好きな私にとっては寂しい限りです。

台湾CD店3.jpg

どうか、皆さん!
台湾に行ったら、CDやDVDを買ってあげてください。日本と同じもので、ものによっては日本より安い場合があります。クラシック、ポピュラーなどでしたら大抵は安いです。

台湾CD店5.jpg

以前アニメ「君の名は」が大ヒットしたとき、台湾で中国語字幕日本語発音のDVDを買いましたが、日本より安く買えました(もちろん台湾バージョンの盤ですが)

なお、日本の映画も売っていますが、必ずリージョン2(日本仕様)かオール、を買うことです。また海賊版も多くあるのでご注意ください。


*西門町にもあります


お土産は台湾のスーパーで!

台湾旅行に来て、お土産はどこで買おうかな?といつも悩みますね。

以前は、お土産専門店や空港の免税店で「鳳梨酥」(パイナップルケーキ)、「月餅(イエピン)」「ウーロン茶」「化粧品」「香水」「タバコ」「ブランディー」などが定番で結構値が張りましたね。

台湾頂好スーパー.jpg
*庶民的なスーパー頂好(ウエルカム)

それに、毎回同じものをプレゼントするのにも気が引けたものです。でも、最近では台湾のスーパーの品ぞろえが充実してきたし、パッケージもおしゃれなものが増えてきたので、スーパーで買うことが多いです。

台湾カルフール.jpg
*大型スーパー・カルフール

ネットを見ていても、思いは同じで多くの旅行リピーターの方が詳しく紹介しているのを見かけます。私の場合は、最初は現地の友人に紹介されて、初めて「こんなにいい物が、この値段で!?」と知って驚いたわけです。「やっぱり台湾みやげはスーパーで買うのが、安くて外れがないんじゃないか?」という結論が出たので、私の良く買うおすすめ商品を紹介しましょう。

まず、「鳳梨酥」パイナップルケーキ:スーパーなら安いし、種類もあるし、おまけに渡したら満足度が高かったので、これは台湾旅行に行ったら必須のアイテムです。スーパーのパイナップルケーキは、餡にパイナップル以外に冬瓜も入っているので、正確にはパイナップル冬瓜ケーキとも呼ぶべきだと思いますが、意外とスーパーのパイナップルケーキでも美味しいのでお手軽なお土産なら気にすることはありません。

台湾パイナップルケーキ.jpg

お茶」:台湾はお茶の産地で有名です。鉄観音や烏龍茶はピンからキリまであって、数百円から何万円ものお茶があります。これらはお茶専門店で買うほうがいいでしょうが、会社の同僚やお友達に配るお土産なら、スーパーで買えるものでいい物があります。台湾リプトンのティーパックです。世界的に名高いリプトンブランドなので、安心して喜ばれます。そのほか台湾ブランドの可愛いパッケージのお茶もあって選ぶのに迷うほどです。

ドライフルーツ」:マンゴー、パパイヤ、ライチなどの南国のフルーツ天国台湾!しかし台湾からはタネのついた果物を持って帰れないのが残念なところです。ただ加工されたドライフルーツなら持ち帰りOKなので、スーパーで買って帰ると喜ばれます。お土産店には高価な無添加のドライフルーツも売っていますが、とりあえずスーパーの安いドライフルーツで充分だと思います。

台湾スーパーjasons.jpg
*スーパーJASONS(ジェイソンズ、ちょっと高級です)

レトルトの魯肉飯の素」:台湾の庶民的グルメ代表格の魯肉飯の素など、スーパーに売っているレトルト魯肉飯をお土産にしても変わっていて面白いと思います。台湾を代表するB級グルメなので気軽に買えるお土産にぴったりです。他にも鶏肉飯というさっぱり味もあります。去年台湾旅行から帰ってきた友人から、もらって本当に美味しかったです。その時「こんなものまで今は売っているんだなあ」と思いました。

台湾製の即席めん」:これが意外に美味しい!さすが日清食品の安藤百福氏が台湾出身とあって、いまや台湾は「即席めん王国」と言ってもいいでしょう。台湾即席めんは、コリアンダーや五香粉の香りが特徴的ですが、豚、牛、鶏、海鮮など、味のバラエティに富んでいます。またベジタリアン向けの製品も多く、それらにはパッケージに「素」または「素食」というキーワードと「卍」マークが書かれています。

スーパーの棚にずらりと並んだ即席めんの量には圧倒されますが、それこそ種類が多くてこれが一番と、なかなか決定できません。いくつか買ってみて滞在中に試食してみて美味しいと思った麺を買えば間違いがないでしょう。なお辛みは日本の比ではないので注意が必要です。

台湾即席めん.jpg

このほか、台湾ならではの「お菓子」:「キットカット」「森永キャラメル」「グリコポッキー」などは現地に会社があるので台湾バージョンの珍しいのが出ていたら、見つけ次第即買いです!

台湾キットカット.jpg

このように一例を挙げましたが、このほかに調味料、缶ビール、香辛料などそれぞれの要望を満たしてくれると思います。

昼間の暑い時間帯、涼しいスーパーでじっくりお土産を選ぶのも楽しいものですよ。ぜひいらしてください。


世界最大級のホテル予約サイト~台北のホテルならあらゆるタイプが選べます