福寿山農場の千本桜はすごいらしい!

日本はこれから桜の季節になり、南から北に向かって「桜前線」が上がってゆきますね。待ち遠しかった「春」を謳歌するように桜が咲き誇る美しい季節が、もうすぐそこまで来ています。

日本桜.jpg

台湾でも2月には山桜が咲きだし、ソメイヨシノも3月初めには満開になります。1970年ころから日本の桜を接ぎ木に成功してからは,台湾中で日本の桜も見ることが出来るようになりました。

私は台北近郊の「陽明山」や「淡水無極天元宮」などでは桜を見たことがありますが、やはり日本の桜に比べたら規模が違いすぎます。日本ではわざわざ遠いところまで出かけなくても、近所の公園でも美しい桜を堪能できますから。

近所の桜.jpg
家の近所の桜(こうして見ると日本のは相当白いですね)

そのことを台湾の友人に言うと「日本にも負けない素晴らしい桜の名所があるよ!」というので聞いたらそれは「福寿山農場の千本桜」だ!
というので調べてみたら、台北からはものすごく遠く標高2200メートルの高地にあることが分かりました。

亜熱帯に属する台湾では、気温の低い高い山に出かけなくてはなりません。有名な桜の名所はどこも車が溢れて大渋滞です。

宜蘭から車で3時間半もかかり、あまりにも遠いので、多分行くことはないと思いますが、せっかくだから動画ででも見てみようと思いました。皆様もどうぞご覧ください。


2020/02/18福壽山農場千櫻園櫻花漸漸開
台湾には珍しいたくさんの桜がありますが、花の色が日本のとは違って赤っぽいですね。


2020/03/03福壽山農場場部的櫻花林
6000千本の桜があるそうです。まだ植樹して間がなさそうですね。何十年も経つと立派な大きな桜木になることでしょう。

台湾福寿山農場.jpg
最寄りの駅から車で行くのを全て動画で撮っているので、行った気分になります。とにかく遠いことは分かりました。


[ 季節限定景點 ] 福壽山千櫻園賞櫻
周りの3000メートル級の山々が望めて、素晴らしい所ですね。桜の木は植樹してまだ年月が経っていないのでこれからだろうと思いますが、5年10年たったら日本にも負けない素晴らしい風景になることでしょうね。

注意:入園料、駐車場は無料だそうですが車が多い時は不足していて道端に違法駐車が溢れるようです。ゴミは各自持ち帰ること、トイレは少なく、案内所にしかないという事です。

福寿山ホームページはこちらです宿泊施設もあります


福壽山農場多媒體導覽簡介_TW_12分20秒_2015年版
農場とホテルなどの施設の紹介のビデオです。見ていたらあまりにもいい所なので行きたくなりました

とにかくものすごく遠い所にありますね

台湾の『誠品書店』は本好きのパラダイス!

今朝テレビを見ていたら台湾の誠品書店のことを取り上げていました。

台湾誠品生活4.jpg

以前から、書店らしくない素晴らしい空間だと感じていましたが、番組を見てると、以前とは全く違う形態の店もどんどん出来ているんだと知りました。私は数店舗しか入っていないので、店ごとに扱う商品も違う・・・という事をテレビの番組で知ったのです。

台湾誠品生活3.jpg

そこで、今まで行ったことのあるお店のお話しかできませんが、すこしご紹介しようと思います。
誠品生活松菸店
台湾誠品生活.jpg

ここに来てみて一番驚いたのは、あちこちに椅子が置いてあって、自分勝手に好きな本が自由に読めることでした。児童書のコーナーではふかふかのカーペットが敷いてあって、子供や親たちが座り込んで本を読む姿には驚きました。まるで豪華な図書館の雰囲気です。
日本でこんな事したらすぐに追い出されるでしょう。

台湾誠品生活6.jpg

他のコーナーには文具品、おしゃれな小物や子供服などが陳列されているし、驚いたのは調味料とかお菓子の類も置いてあることでした。

台湾誠品生活1.jpg

店によっては喫茶や軽食のコーナーもありケーキを食べたりコーヒーなど飲み物をのむこともできます。
下の動画で雰囲気を分かっていただけると思います。とにかく日本の本屋では味わえない、ゆったりとした憩いの場所になっているのです。
信義店は各階で扱う商品が違うので、まるでデパートのような雰囲気です。

誠品書店(信義店)


中では皆さん静かに本を見たり、服や文具、お菓子、調味料などを選んでいます。店内が本当に静かで、周りに迷惑が掛からないようにお互いのおしゃべりも控えているようです。ここでは台湾の人々の公徳心のありかたに驚くばかりです。日本だと悪ガキどもが大騒ぎしても誰も咎めないでしょうが、台湾ではおじさんおばさんは黙っていません。すぐに注意してきます。(私はバスでも電車でもお年寄りに席を譲らない若者に注意しているのを何度も目撃しています)

台湾誠品生活7.jpg

あっそれから、日本の人も絶対に退屈はしませんよ。なぜなら日本の書籍もたくさん置いてありますから。特に写真雑誌や美容関係、自動車や電気製品などの雑誌は豊富においてあります。

台湾誠品生活5.jpg

クーラーの利いた静かな空間で、ゆっくり雑誌などを読むのも楽しいものですね。そこで小腹が空いたら、喫茶コーナーでケーキやサンドウィッチなどを食べることが出来るので、暑い台湾の日差しを避けることができます。

まるで、自宅のリビングルームで本を読んでいるかのように寛いでいる現地の人の姿にびっくりするかもしれません。でも、ゴロゴロしている人の気持ちがわかるくらい本当に心地良い空間です。

台湾誠品生活2.jpg

また文房具や雑貨やお菓子など日本へのお土産を探している時に、ゆったりと買い物できる便利なスポットです。
台湾に行かれたら是非とも『誠品書店』におでかけください!(写真は一店舗だけのものではありません)


台北市内だけでもこれだけあります

キラキラのイルミネーションにうっとり!新北市クリスマスランド

2019新北歡樂耶誕城!(新北市板橋クリスマスランド)
またまた新北市板橋のクリスマスランドの素晴らしい夜景をお送りします!昨年の11月15日から今年の元旦までの台湾一の豪華イベントでした。ここは何回訪れても楽しい所ですね!

台湾板橋クリスマスランド8.jpg

2019年も街をあげて夢のような幻想世界を作り上げてくれました。クリスマスランドはとても広くて、メインの5つのエリアで構成されています!
台湾板橋クリスマスランド1.jpg

初めて来られた方はきっと想像以上に大きなクリスマスランドに感動されることでしょう。会場ではBGMが流れていて、街全体がテーマパークのようになるのです。まるでディズニーランドのよう!これが入場料なしなんて素敵すぎです!

台湾板橋クリスマスランド2.jpg

一定時間ごとに市庁舎の巨大な壁一面に3Dプロジェクションマッピングが流れます。そして会場の周りにある出店で、お好みの食べ物を”ほうばり”ゆっくり観賞するもいいし、イルミネーションストリートをさまようのも楽しいものです。

台湾板橋クリスマスランド4.jpg

夜市と同じような飲み物と食べ物の出店がたくさん出ていました。

台湾板橋クリスマスランド6.jpg

このイルミネーションで輝く陸橋は人が多すぎてとても歩きずらかったです。

台湾板橋クリスマスランド7.jpg

台湾板橋クリスマスランド5.jpg

【景點】2019新北歡樂耶誕城


[宇你分享 SS family]さんの見事な動画を使用させていただきました。
この素晴らしい、光のイベントの様子を見事に撮影してまとめられています。まるで光に溢れた夢の世界に遊ぶようです。この映像は11月17日、会場オープンして最初の土曜日に撮られたものの様ですが、クライマックスの12月24日などは、人が多すぎて撮れなかったと思います。

台湾板橋クリスマスランド9.jpg

会場では、あちこちでアトラクションがあり、フォトスポットやイベントスポット、またイルミネーションに輝くストリートがたくさん点在しているのでなかなか一晩で回ることができません。

私が行った日は12月のクリスマス前の平日だったのでまだ、そんなに人出はなかったのですが、歌手やダンサーが出場するクリスマス・イブともなるとものすごい人出で身動きが取れなくなるそうです。

2019新北市歡樂耶誕城 光雕秀 空拍完整版 2019年11月15日


会場の上空から全景を撮影したものです。会場オープンの当日なのでまだそれほど賑わっていませんが、それでもキラキラ輝いてうっとりする風景ですね!

3Dのカラーマッピングは新北市政府のビルの壁一面に写されるなんて、こんな街が日本にはあるでしょうか?市民や観光客が楽しめることを市があげて行うなんて、本当に粋なことをする国ですね、台湾って。ますます好きになりました!!
世界最大級のホテル予約サイト~台北のホテルならあらゆるタイプが選べます