♫~ふりむかないで~台北の人

今回は、台湾に遊びに行けないので,大ヒットしたCMソング「ふりむかないで」の替え歌を作って遊んでみました。と言っても地名を変えたくらいのお手軽なものですが・・・。



1970年代『エメロンクリームリンス』の発売前に、レポーターが素人女性に後ろから「 これを知っていますか」と尋ねるTVの CMが一世を風靡しました。
作詞:池田友彦、作曲:小林亜星、唄:ハニー・ナイツ

1 泣いているのか 笑っているのか
  うしろ姿の すてきなあなた
  ついてゆきたい あなたのあとを
  ふりむかないで 東京の人   ー以下略ー

こんな素敵なCMソングがありました。『エメロンクリームリンス』の新発売に合わせて、作られたもので、素人の若い女性で、後ろ姿の美しい人を呼び止めて、振り返らせるというコマーシャルでした。振り返った女性はみんなとても美しい人ばかりで、年頃だった私も、ついうっとりと見とれたほどでした。


当時のコマーシャルの一場面

そして、この歌も素敵で東京から始まって、北海道から博多まで各地の女性たちを後ろから追いかけるという、音楽も映像もとても記憶に残るコマーシャルでした。

この度、久しぶりにYouTubeで聞きましたが、歌詞もほとんど覚えていました。

この歌を聴いていると、恋をしていた若いころを思い出し胸が「キュン!」としたほどです。歌詞を見ていると日本全国の主要都市を題材にしているので、「これは面白いな!」と思い、これを台湾の台北に当てはめてみようと思い立ちました。

カラオケを聞きながら、下記のような「台北バージョン」の替え歌にして遊んでみました。初めて聴く若い方も、ハニー・ナイツの原曲を聴いてからカラオケにして、頭の中で「台北バージョン」にしてお楽しみください。

私は台湾と言ってもほとんどが台北近辺なので、他の都市のことは扱いませんでしたが、もしご興味があれば、他の都市を題材にして替え歌を作ってみてください。意外と楽しいものですよ!!


ふりむかないで ・ハニーナイツ・エメロンCMソング カラオケ

【台湾・台北バージョン】替え歌
 泣いているのか 笑っているのか
 うしろ姿の すてきなあなた
 ついてゆきたい あなたのあとを
 ふりむかないで 台北(タイペイ)の人

 蓉樹(ロンスー)並木に 降り出す雨が
 あなたの足を いそがせるのか
 ぬかるむ道が 気にかかるのか
 待って欲しいな 士林(スーリン)の人

 そぞろ歩きの 情人(恋人)橋で
 ふとゆきあって 目と目が合った
 夕日に映える ステキなえがお
 話してみたいな 淡水の人

淡水遊歩道.jpg

 林森北路(リンセンペールウ)の
 小さなスナック
 一人ぼんやり しているあなた
 ほろり涙が まつげにたまる
 抱きしめたいな 台北の人

 今にも空が 泣き出しそうな
 温泉場の 橋のたもとで
 何を思案の シャオチェひとり
 声かけたいな 北投(ペイトウ)の人

 泣いているのか 笑っているのか
 お香の煙で かすむあなた
 見つめていたい あなたの姿を
 ふりむかないで 龍山寺(ロンサンスー)の人

台湾龍山寺お祈り2.jpg

如何ですか?こんなことをして遊んでみました。
この替え歌を考えていたら、台湾で恋したことを思い出しました。何人かの女性の顔が頭の中を巡りました。

全てが片思いですが、その中の一人が飛行機のキャビンアテンダントになって私の前に現れたこともありました。可愛い人だなと思っていましたが、何年もしてあまりにも美しく変身していたのには驚きました。(もちろん日本語も完ぺきでした)
そんな、個人的な思い出もちょっと込めて作りました。 

日系回転寿司店のレーンにxxxが!

ちょっと前のニュースですが、台湾の友人からの情報で知りました。驚きました!

台湾ルミナリエ3.jpg
台北101
ニュースというのは・・・
(台北中央社)日系の回転寿司チェーン「〇〇〇」の新北市内の店舗でレーン上をネズミが走っていたとの情報が7月6日、台湾の大手インターネット掲示板に投稿されたのを受け、「台湾〇〇〇」(台北市)は同日、中央社の取材に対し、当時並べていた食材は全て破棄し、店舗全体の消毒を行ったと説明。消費者に対して謝罪の意を表明した。
ネット掲示板「PTT」に寄せられた投稿によると、投稿者は4日午後2時半ごろに中和グローバルモール店に来店。食べ始めて30分ほどした際に近くの客から叫び声が聞こえ、レーンに目を向けたところ、体長10センチほどのネズミがレーンを走っているのを目撃した。その後店員から、会計を済ませてから店を出るよう求められ、クレームを入れる場合は本社に電話をかけるよう伝えられたという。

「台湾○○○」は店側の対応について、当時は現場がやや混乱しており、連絡上で誤解が生じていたと弁明。当日の来店者には全額を返金するとしたそうです。
この店は2018年に台湾1号店を出店して。現在は北部、中部、南部に計19店舗を展開しているということです。

CIMG1661.JPG
日系の企業があちこちにあります(台北駅前)、この場所の店ではありません(イメージ)

台湾でも回転寿司の人気はすさまじく、休日などはスマホで前もって予約しないと入れないほどらしいです。(私は一度も行ったことはありません。せっかく台湾に行ったんだから日本で食べれるものはもったいないからです)

美味しく清潔だと信用のある日本の店だから、台湾の人々の人気の回転寿司店が、こんな失態をすると他の日系の店の信用も落ちてしまうでしょうね。決してあってはならない事でした。

CIMG1601.JPG
台湾地元の人気回転すしチェーン店「争鮮」

二度とこんなことが起こらないように、衛生の管理には誠心誠意努めてほしいものだと思います。

店の管理が悪いという事で店長らは降格の処分を受けたのじゃないかと思いますが、もし自分がそんなことに出会ってしまったら、しばらくは回転寿司店に行く気にはならないでしょうね。

台湾風景5.jpg
基隆夜市の風景

新型コロナウィルスのため、台湾旅行が出来ないため、こんな話題しか、お届けできないことを心苦しく思いますが仕方ないですね。

注:敢て店名は出しません。日系の回転寿司チェーン店とだけお伝えしておきます。日本では大好きで良く行く店です。

台湾では新型コロナウィルスでこんな現象が・・・

新型コロナウィルス(武漢肺炎)では、人が集まることが危険というわけで、いろんなことが禁止または中止になっていますね。

大相撲とプロ野球オープン戦の無観客試合、演劇、音楽祭、マラソン大会、フィギアスケートの大会、挙句の果てには選抜高校野球まで中止になってしまいました。

大相撲無観客試合.jpg
大相撲無観客試合

今や日本では、大人数が集まってすることは自粛するようにとの政府からのお達しで、火の消えたようなさびしい状態になっています。卒業式、入学・入社式、謝恩会、結婚式など人生で最も大切な行事も自粛されつつあります。

プロ野球無観客試合.jpg
プロ野球オープン戦無観客試合

身近な所では、安くて旨い”回転すし”が感染の恐れがあるという事で回らなくなっているとか、同じ理由で”ビュッフェ・スタイル”のレストランも休止していると聞きました。

子供たちの最も好きなディズニーランドやUSJなどの遊園地も、軒並み休園されています。

この異常な事態はいつまで続くのでしょうか、このまま長期間続くようなことになれば、経済だけでなく社会生活が破綻し、人の心理にも影響を与えることになるでしょう。「この人は感染していて、自分に感染(うつす)んじゃないだろうか?」と疑心暗鬼になって近づけなくなるかもしれません。ましては握手やハグなんてもってのほかという事になるでしょう。

お辞儀オールブラックス.jpg
ラグビー・ワールドカップでお辞儀をするオールブラックスの選手

いままで、握手やハグの習慣がなかった日本人がやっている「お辞儀」が世界共通のあいさつのルールになるかも知れませんね。

台湾でも、日本のように神経質に観劇、映画館、遊園地、などが休館したり休園しているのでしょうか?

このあいだ、台湾のテレビを見ていたら、”一蘭”という日本のラーメン店が大盛況だとの報道がありました。大行列しているとのこと。なぜこの店が盛況かというと、客同士が顔を合わせずにひとりずつ区切ってあるテーブルでラーメンを食べるという方式が感染予防に有効だと人気なのです。(味も美味しいのでしょうが)

武漢肺炎報道6.jpg

私は食事は仲間や家族で楽しくおしゃべりしながらする、というのが当たり前だと思っているので、たった一人ましてや仕切りがしてある狭いスペースに頭を突っ込んで、ひたすらラーメンをすする・・・だなんて絶対に行きたくはありません。

武漢肺炎報道7.jpg

ところが、日本でも台湾でも大評判で、特に台湾ではいまだに大行列が続いているということです。この武漢肺炎のお陰で、前よりももっと行列が長くなっているそうです。

台湾ラーメン.jpg

こんな異常(?)なラーメン屋さんが流行るだなんて、思ってもいませんでしたが、考え方によっては「先見の明」があったのでしょうね。
まさかこんな事態で有名になるとは誰も考えなかったでしょう。

それから、もう一つ台湾では変化がありました。それは台北駅の構内の外国人労働者の”座り込み”現象の解消です。

台湾台北駅あ.jpg

ウィルス感染の危険性のため集会の中止が勧告されたのでしょうか、以前のような座り込みがほとんどなくなりました。

毎週日曜日になれば、フィリピン、インドネシアなどから来ている派遣労働者が朝から晩まで、台北駅の構内で”座り込んで”楽しそうにおしゃべりなどして過ごすのが習いになっていました。

台湾台北駅構内.jpg
このように何百人という人が座って話し込んでいました

そんな異常な現象は、もう10年も続いていたかもしれません。印象として、こんなことを何故許すのだろうと思っていましたが、人に優しい台湾の国民性でしょうか、大目に見ていたのでしょうね。でも、ここまでウィルス感染の危険が迫ってくると許すことは出来なくなったのでしょう。10年ぶりにこの混雑が解消されました。

台湾台北駅い.jpg

以前に比べて相当減りました。今後も”座り込み談笑”は禁止にしてほしいものです。

公共の場所での占拠は、厳しく対処しなければいけません。このような人々の憩いの場所が必要なら、もっと別の場所を提供してあげればと思いますが、いい場所があるのでしょうか。交通の便が良く、冷房も効いて雨風を防げるような場所が・・?(難しい問題ですね)

関連する過去記事:「台湾に根付く回教~インドネシアの人々」もご覧ください!
世界最大級のホテル予約サイト~台北のホテルならあらゆるタイプが選べます