台湾人が「GPS追跡」されても怒らないワケ!

今朝、スマホに送られて来た「東洋経済」のONLINEニュースで こんな記事を読みました

台湾人が「GPS追跡」されても怒らない深いワケ:コロナで浮かび上がった政治への意識の差・・・という記事でした。

武漢肺炎1.jpg

日本では自粛依頼で各自がコロナ感染防止のため、不要不急の外出はしない、人が集まるお店は時短したり休業したりの自粛のお願いだけだったのでなかなか効果が上がりませんでしたが、台湾では法律で罰則を決めてそれに従わない人には罰金をかけるという、非常に強い規則を定めました。

日本だとリベラル派や多くの民衆が大反対の大合唱だったでしょうが、台湾では何故、みんなが大人しく従ったかが不思議でならなかった方が多くいると思います。

この、ワケを詳しく分かりやすい「4コマ漫画」で紹介していたので、ちょっと長いですが、このブログでご紹介します。

「台湾人が「GPS追跡」されても怒らない深いワケ」どうぞご覧ください!

台湾武漢肺炎感染者0!.jpg

「台湾人がGPS追跡されても起こらないわけは」という記事の要約すると…下記のようになるでしょう。
台湾では「IQ(知能指数)」よりも「EQ(Emotional Quality…心や感情の知能指数)」を重視する文化があり、どんなに頭が良くても、相手を尊重した言動が取れない人間は「EQが低い」とみなされ、支持を集めることはできないそうです。
台湾のコロナ対策は専門的知識に基づいており、スピーディーで合理的で、ときには厳しい。でも、政府の発信には人間味が感じられ、信頼感を得ることをとにかく大事にする。まさにIQとEQがあわさった対策のように私には見えました。
ちなみに、観光・文化・芸術事業従事者を含め、影響を受けた市民にさまざまな補償金を支給したことも、信頼を得ることにつながったようです。


一日も早く、日本がコロナを収束させて、台湾と日本で旅行客が行き来できることを祈ります!

"台湾人が「GPS追跡」されても怒らないワケ!"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:
世界最大級のホテル予約サイト~台北のホテルならあらゆるタイプが選べます