「台湾」旅券と中華航空の改名か?

台湾関係のニュースを見ていると、下記のような記事がありました。

(台北中央社)立法院(国会)は22日、チャイナエアライン(中華航空)の改名と台湾のパスポートの認知度向上を政府に求める議決を全会一致で可決した。いずれも中国と混同されないのが狙いとみられる
提案した与党・民進党の議員団によると、チャイナエアラインが、海外で中国の航空会社「エアチャイナ(中国国際航空)」と間違えられることが多いという。議員団は、同社の国際的な認知度を高め、台湾の国益を守るため、飛行機の塗装や英語社名などの変更を盛り込む実施計画の策定・提出を交通部(交通省)に要請した。
台湾査証.jpg

一方、正式国名の「中華民国」や「REPUBLIC OF CHINA」などが印字されたパスポートに関しては、民進党・陳水扁政権下の2003年から「TAIWAN」も加えられるようになったが、新型コロナウイルスが世界的に流行して以来、多くの台湾人が外国の空港などでパスポートの「CHINA」の文字で中国人と誤認されたと指摘。こういった状況を回避し、国民の尊厳を保つため、台湾のパスポートの認知度向上に向けた具体策をまとめるよう行政機関に呼び掛けた。


確かに、チャイナという名称がついている限り、事情の知らない人や外国では「中国」の飛行機だと思うでしょうね。

チャイナエアライン.jpg

今回、新型コロナのため、台湾は世界中の困っている国に対して援助を行っていますが、中華航空(チャイナ・エアーライン)の飛行機が援助物質を運んで来たら、最も危険な「中国本土」から持ってきたんだろうと誤解されるという事があったそうです。

また、外国に入国の時点で、入国検査官に中華民国(REPUBLIC OF CHINA)のパスポートを見せると、漢字の知らない検査官や人間なら、きっとチャイナ、中国人だろうと思うでしょうね。

この度は、世界中でこのような誤解によって事情の知らない外国人からの嫌がらせなどの、台湾人への偏見が多発したそうです。

世界中に病毒の恐怖と一党独裁の強権を振り回している中国と同じ国だと思われないようにするのは当たり前でしょう。今回のコロナ疫病の対策で世界中に名を上げた「台湾TAIWAN」は今や、世界が認める立派な「TAIWANブランド」です。

今の時点で国の名称を変えるというのは「中国」の武力行使に大義名分を与えるだけなので、せめて航空会社名だけでも早く変更してもらいたいものです。

そして、来年の東京オリンピックには昔のように「TAIWAN」のプラカードの下、堂々と入場行進することを願っています。

東京オリンピック 台湾選手団.jpg
1964年10月10日 中華民国Taiwanの選手団の入場

オリンピックに”TAIWAN”のプラカードで入場した中華民国選手団

2020年8月24日 本当ならこの日は東京オリンピック開会の日です。
しかしながら、あの憎い「武漢ウィルス(別名:新型コロナウィルス)」のために来年に延期になってしまいました。本当に悔しいです!

前回の東京オリンピックは実際に観戦することは出来ませんでしたが、今年こそは東京に行って観戦しようと思っていたのに残念です。親戚や友人が東京に住んでいるので、オリンピック時には招待されていたからです。(マラソン、競歩などは街道から見ることは出来るでしょう)


1964東京五輪 開会式 君が代~選手団入場~天皇陛下開会宣言~聖火入場・点火~選手宣誓~
(聖火点火の部分は著作権の関係でカットされています)

前回の東京オリンピックは私にとっては忘れられない思い出がたくさんあります。
日本ではじめて開催されたオリンピックは最も多感な子供時代に見た、日本の晴れ姿「東京オリンピック」は心身ともに大きな影響を与えてくれました。
1940年戦争の為中止になった東京オリンピックが敗戦という大きな痛手を負って、再びまた64年に開催されるなんて誰が予想したでしょうか?

東京オリンピック6.jpg

悲惨な状況を目の当たりにして過ごしてきた、私たちの親の世代はそれこそ待ち焦がれていた日本の誇らしい晴れ姿でもあったのでしょう。その熱気は町を歩いていてもテレビを見ていても、痛いほど感じました。

東京オリンピック5.jpg

大げさではなく当時発展途上国から先進国への道を歩んでいた日本の記念すべき一大イベントでした。
その国をあげての熱気は、私たち戦争を知らない世代の子供たちにも伝わってきました。学校でも家庭でもどこでも「オリンピック」の話題で持ちきりでした。

東京オリンピック3.jpg

特に印象に残っているのは、選手宣誓をした小野喬選手が痛め止めの注射を打って鉄棒で優勝した姿や、東京大会初の金メダルをとった重量挙げの三宅選手の勇姿は忘れることが出来ません。

体操個人総合優勝の遠藤幸雄、跳馬の山下、吊り輪の早田選手なども印象に残っています。その他陸上の、依田郁子、水泳の木原美智子選手などメダルが期待されていたのに果たせなく悔し涙を流していた姿も思い出します。

東京オリンピック4.jpg

そして、最も感動したのは「東洋の魔女」たちが宿敵ソビエトをくだした女子バレーボールの試合ではなかったでしょうか。当時国民の90パーセント以上の人がテレビで観戦していたというくらいの大事件でした。

東京オリンピック1.jpg
今でもその時の状況を思い出して、涙が出るくらいです。
東京オリンピック2.jpg

表彰式での涙の国旗掲揚と君が代の演奏は、これほど日本人に生まれてよかったと思ったことはないくらいの感動でした。テレビの画面いっぱいに写った日の丸の誇らしさは一生忘れないでしょう。
家のテレビは白黒の画面でしたが、心の中では白地に赤い日の丸が翻っていました。子供の私でもこれほど感激したのです。つらい戦争を経験してきた先輩たちの感激は想像できないほど大きかったことでしょう。まさに「東京オリンピック」はいまだに人々の心の中に深く残っていることでしょう。

    ***********************

【東京オリンピックに”TAIWAN”のプラカードで入場した選手団】
東京オリンピック 台湾選手団.jpg

下の映像を見ていたら、16分40秒あたりで中華民国選手団が登場しますが、なんとプラカードには”TAIWAN”と書かれているではありませんか。この頃は国民党独裁で台湾には言論の自由がなかったのに、堂々と「台湾」のプラカードのもとに行進しているのです。選手だけでなく、これを見ていた台湾の人々の喜びといったら、今の台湾人には分からないほどの感動だったことでしょう。


Tokyo 1964 Olympic Games - Olympic Flame & Opening Ceremony
10分30秒:君が代斉唱 11分30秒:選手入場 16分40秒:台湾(中華民国)選手団 18分10秒:日本選手団入場 21分40:聖火入場 

オリンピック協会公認の映像だと思われます(すべて英語) とにかく感動的な映像が続きます。
この映像を見ていて台湾(TAIWAN)というプラカードで入場行進した中華民国選手団には驚きました。今では「チャイニーズ・タイペイ」という屈辱的な国家名でしか参加できないのに、TAIWANという誇らしい国名と堂々とした選手団の姿に感動しました。

東京オリンピック 台湾選手団1.jpg

当時は子供で国際情勢など知るわけはなく、中華民国、台湾のことなど全く知りませんでしたが、後に、台湾で働き旅行もたびたびすることになって「台湾」には思い入れがあって、第2の故郷だと思っているほどです。なんとしても来年の東京オリンピックには以前のように「TAIWAN」の国名で参加して欲しいと思っています!


作曲:古関裕而 指揮:手塚幸紀 演奏:東京佼成ウィンドオーケストラ

日本の”マーチ王”古関裕而 作曲の「東京オリンピックマーチ」です

「返校」という悲しい(ホラー?)映画を見た!

「第56回金馬奨」で最優秀監督賞を受賞した「返校(Detention )」がこのほど第22回台北映画奨 グランプリ、最多6部門受賞を獲得しました。「返校」が受賞したのは、グランプリ、長編劇映画賞、主演女優賞、美術賞、視覚効果賞、音響効果賞。映画会社によると、同作の海外版権は日本のほか、東南アジア各国ですでに買われているといいます。

台湾 返校.jpg

これを知って、今年の正月に買っていた「返校-Detention -」のDVDを先週、やっと見ました。(Detention とは拘束という意味です)

なぜ今まで見なかったというと、日本語字幕はないし、ホラーだというのでこの時期、そんな映画を見る気分じゃなかったので、今まで放っておいたのです。



雨が降り続く、先週の夜中、中国語で分かりにくい所は何度もDVDを巻き戻して見ました。だから100分の映画が2倍ほど時間がかかってしまったほどです。

映画の内容は:国民党独裁政権による白色テロが行われていた1962年を時代背景に、夜中に誰もいない校内に取り残された2人の高校生男女が帰る道を探す過程で、徐々に秘密が解き明かされていくという物語。2017年にリリースされた同名のホラーゲームを映画化したものです。

この映画の恐ろしさは、映像の怖さと学校から脱出できないという架空のストリーだけではありません。本当に恐ろしいのは…実際に台湾ではあったことだからです。1987年まであった「戒厳令」によって、人々の言論の自由が厳しく規制されてきました。

映画では高等学校が舞台となっていますが、実際はこの学校が台湾の社会を表していて、この拘束された世界から「脱出できない」という状況を表しているのだと思いました。

台湾 返校1.jpg

特にこの映画の時代1960年代は台湾人への迫害が非常に厳しかったと聞いています。ラジオ、テレビでは盛んに「国家転覆を狙う不良分子への密告」を奨励していたし、道路わきの標語にもそのような言葉がペイントされていました。

映画の中では、国家で禁書にされてる書物を、学内で隠れて読書会が開かれる場面がありますが、そんなことも実際にあったことなのでしょう。学内から危険分子とされた教師が一人一人と逮捕されて消えてゆく…そんな恐ろしい光景が続きます。

台湾の学校ではこの頃は、軍人あがりで教師や学生を監視する教官がいるという日本ではない制度がありました。(今でもあるかどうかは知りませんが、)映画ではこの教官が重要な役を演じていました。

台湾 返校2.jpg

また(なぜ禁じられているのか理解できませんが)映画の中で台湾の歌謡曲「雨夜花」が出てきます。この歌に国家転覆の匂いを感じたのでしょうか。

雨夜花 Piano Solo 《返校detention》原声完整版


私は、この映画を見て心の底から恐怖が沸き上がりました。こんな時代を経て、今の自由民主の世界を作り上げた、台湾の国民の努力には敬意を表したいです。
この恐怖を作り上げて台湾を支配してきた「国民党」とも、今では共栄共存の関係で、堂々と政策論議で戦っている、台湾の国民の寛容さには驚いています。


偷買禁書 偷聽禁歌 戒嚴時期共同記憶・・・台湾の焚書令の時代

何よりも、驚いたのはこのようなある意味、長い間タブーとされて来た台湾の「黒歴史」をあえて映画にし、それが受け入れられ、またグランプリを獲得するという事実に心から驚いています。

台湾の歴史に関心がなく、ただ単に食べ物が美味しい、人が親切、物価が安いなどの理由で観光に行かれている方にとっては、つい数十年前まではこんな自由のない国だったんだとは信じられないでしょうが、このままずっと今のように自由な国であってほしいものです!

[参考DVD]
『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』1991年作品
映画史に燦然と輝く、名匠エドワード・ヤン監督の伝説の傑作

「返校」と同じ時代の鬱屈した台湾社会を描いた傑作!
この時代では、ここまでしか描けなかったのでは?

日系回転寿司店のレーンにxxxが!

ちょっと前のニュースですが、台湾の友人からの情報で知りました。驚きました!

台湾ルミナリエ3.jpg
台北101
ニュースというのは・・・
(台北中央社)日系の回転寿司チェーン「〇〇〇」の新北市内の店舗でレーン上をネズミが走っていたとの情報が7月6日、台湾の大手インターネット掲示板に投稿されたのを受け、「台湾〇〇〇」(台北市)は同日、中央社の取材に対し、当時並べていた食材は全て破棄し、店舗全体の消毒を行ったと説明。消費者に対して謝罪の意を表明した。
ネット掲示板「PTT」に寄せられた投稿によると、投稿者は4日午後2時半ごろに中和グローバルモール店に来店。食べ始めて30分ほどした際に近くの客から叫び声が聞こえ、レーンに目を向けたところ、体長10センチほどのネズミがレーンを走っているのを目撃した。その後店員から、会計を済ませてから店を出るよう求められ、クレームを入れる場合は本社に電話をかけるよう伝えられたという。

「台湾○○○」は店側の対応について、当時は現場がやや混乱しており、連絡上で誤解が生じていたと弁明。当日の来店者には全額を返金するとしたそうです。
この店は2018年に台湾1号店を出店して。現在は北部、中部、南部に計19店舗を展開しているということです。

CIMG1661.JPG
日系の企業があちこちにあります(台北駅前)、この場所の店ではありません(イメージ)

台湾でも回転寿司の人気はすさまじく、休日などはスマホで前もって予約しないと入れないほどらしいです。(私は一度も行ったことはありません。せっかく台湾に行ったんだから日本で食べれるものはもったいないからです)

美味しく清潔だと信用のある日本の店だから、台湾の人々の人気の回転寿司店が、こんな失態をすると他の日系の店の信用も落ちてしまうでしょうね。決してあってはならない事でした。

CIMG1601.JPG
台湾地元の人気回転すしチェーン店「争鮮」

二度とこんなことが起こらないように、衛生の管理には誠心誠意努めてほしいものだと思います。

店の管理が悪いという事で店長らは降格の処分を受けたのじゃないかと思いますが、もし自分がそんなことに出会ってしまったら、しばらくは回転寿司店に行く気にはならないでしょうね。

台湾風景5.jpg
基隆夜市の風景

新型コロナウィルスのため、台湾旅行が出来ないため、こんな話題しか、お届けできないことを心苦しく思いますが仕方ないですね。

注:敢て店名は出しません。日系の回転寿司チェーン店とだけお伝えしておきます。日本では大好きで良く行く店です。

<緊急報告>日本女性、台湾で新型コロナ感染か!?

中央疫病指揮センターの司令官「陳時中」氏は記者会見を開き、「台湾に短期滞在していた日本人が20日、日本帰国時、成田空港で新型コロナに感染していると診断された」と発表しました。

台湾コロナ感染1.jpg

このニュースで台湾中が大騒ぎしています。私もさきほどニュースを見たばかりでその後のことは分からないのですが。73日以上台湾国内での感染がなかったのに、一体どこで感染したのか?が最大の関心事になっているのです。

台湾コロナ感染2.jpg

20歳代の日本女性で2月末に台湾南部の学校に留学し、6月20日に帰国した成田空港での検査で感染が発覚したのです。無症状だったという事ですが。

台湾コロナ感染3.jpg

台湾からの帰国なので、感染したのは台湾国内だろうという事で、台湾での濃厚接触者をあぶりだし、140人が隔離されることになったのです。

台湾コロナ感染4.jpg


指揮センターは140人を接触者とし、女性が通っていた学校の教員や学生、寮の関係者125人を在宅隔離に、その他15人を自主健康管理の対象としたのです。

台湾コロナ感染5.jpg

ニュースを見ていると、記者からの質問で「成田空港では20日に感染が確定したのに、なぜ4日もたった24日に発表するのか?」という鋭い指摘がありました。
これには陳司令官は「日本からの連絡が23日にあったので急いで発表をした」と答えていました。

という事は、日本からの連絡が遅すぎたという事です。感染が分かれば何を置いてもすぐに連絡するのが、義務ではありませんか。この4日間に病気が広がってしまうのに、本当に日本の対応は悪すぎます。

責任感もなく、情ない日本の役人の対応には、本当に腹立たしく思いました。台湾の皆さんもそう思っていることでしょう。

今まで、台湾が防疫対策で成功しているのは、感染者の動向と接触者がほぼ100%確認出来てきたことによるので、今回も必ず感染源を探し出すことでしょう。

台北101a.jpg

個人名も学校名も発表されていませんが(台湾では個人のプライバシーは厳密に守られています)、近々感染源がわかり発表されることでしょう。

でも、今後、台湾旅行が解禁されてもこんな事態は起こり得ますね。そうすれば友人や、ホテルの人、タクシーや行きがかりの食堂や屋台の皆さんに、大変大きな迷惑が掛かってしまいます。

そんなことを思うと、まだまだ簡単には行けないなあ・・・と思ったニュースでした。

[参考書籍]「疫病2020」 門田隆将 :著
世界最大級のホテル予約サイト~台北のホテルならあらゆるタイプが選べます